当ブログ『起業日記 ~ひろ坊の挑戦~』は33歳で起業を決意した“ひろ坊”こと、FPのひろえが名古屋・大阪を拠点に奮闘する日々をお伝えする日記です。


by office_hiroe
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

『武士の家計簿』

■『武士の家計簿』

内容はよく知らなかったのですが、タイトルだけでFPの血が騒ぎ(笑)、見てきました。


ちょっと失礼な言い方をすれば、意外に楽しめました。

話のストーリーとしては、家計の破たん危機にある武家が家計簿をつけ、
再生を果たすというものですが、

「帳尻合わせで見栄をはり、破たんを待つのか、必要最小限以外の家財以外は売り、
質素倹約な生活をし、債務を完済するのか、どっちがいいのだ?」

というセリフは重みがあり、グッときました。


また、子供の教育についても考えさせられる部分もあり、見応えがそこそこありました。


私は平日の夜に見に行ったので、1,000円で見られ、倹約しつつ、楽しみました(笑)



          ↓↓↓ランキングにご協力をお願いします↓↓↓
             にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ     にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
             ↑↑↑ 是非、カチッとクリックを! ↑↑↑






ひろえFP事務所サイトバナー
ファイナンシャルプランナーひろえFP事務所



[PR]
# by office_hiroe | 2010-12-15 15:33 | 独り言
■教育資金積立 VS 住宅ローン頭金準備

先日、小さいお子様がいらっしゃるご夫婦から、
学資保険を含めた保険の見直しのご相談をいただきました。

保険の見直しに関しては、入院や手術の保障である医療保険が保障期間が定まっている
定期タイプだったため、一生保障が続く終身タイプのものをご案内しました。

掛金の支払いは60歳までで終わるタイプをご選択。


そして、次が教育費の積立となる学資保険という時に、ご質問を受けました。
質問は以下のような感じ。


「3~5年後ぐらいに家を買いたいけど、学資保険の積立を今から始めるか、
家を買うまでは頭金の準備を優先し、その後に教育資金の積立を始めるべきか・・・。
どちらがお得ですか?」


ライフプランを行っていないため、どれだけの教育費を準備しておいたらいいかは
はっきりと分からなかったのですが、お子様がまだ一人ということで、
とりあえず300万円を考えているとのことでした。


どちらがお得かと言えば、教育費積立の利回りと住宅ローンの金利差を考えれば、
住宅ローンの頭金準備を優先した方がお得です。


ただ、今から教育費の積立をすると約15年の期間がありますが、
5年後に住宅を購入してから始めると10年しかありません。

300万円を貯めるためには、15年なら年間20万円、
10年なら年間30万円の積立が必要です(利息考慮外)。


しかも、お子様をもう一人というご希望でしたので、300万円だけでは足りず、
倍額の年間積立が必要ではないかと予想されました。


というわけで、教育費の準備が不足し、奨学金や教育ローンを借りることになると
本末転倒なので、教育費の積立は優先することをご提案し、ご納得いただけました。


もし余裕ができれば、住宅ローンの繰り上げ返済をすれば利息負担軽減効果が
それなりに期待できるので、そのご説明もさせていただきました。


          ↓↓↓ランキングにご協力をお願いします↓↓↓
             にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ     にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
             ↑↑↑ 是非、カチッとクリックを! ↑↑↑






ひろえFP事務所サイトバナー
ファイナンシャルプランナーひろえFP事務所



[PR]
# by office_hiroe | 2010-12-14 16:52 | 豆知識
■小学生向け!?『買物絵本』

とある方からのご質問をきっかけに、お子様向けの金銭教育に関するいい本がないかを
図書館で調べてみました。


『買物絵本』 五味太郎著 


本の最初のページに本の趣旨が書いてありました。

「これは(お金で何を買うことができるか)という考察の絵本です。」

まさにその通りで、印象的だったページを紹介。絵は書けないので文章にて。


お金でらくちんが買えます
      ↓
いやなことは他人まかせののんびりが買えます
      ↓
いわば時間が買えてひまが買えるということです
      ↓
つまり「そのひまに仕事ができる時間」を買えるわけです


と、こんな感じのことがいくつか書いてあります。


説明の文章がやや難しいので、小学生の低学年のお子様には
ご両親の説明が必要かな・・・。ご参考までに。






          ↓↓↓ランキングにご協力をお願いします↓↓↓
             にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ     にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
             ↑↑↑ 是非、カチッとクリックを! ↑↑↑






ひろえFP事務所サイトバナー
ファイナンシャルプランナーひろえFP事務所



[PR]
# by office_hiroe | 2010-12-14 16:49 | 参考図書

主婦向けマネー講座

■主婦向けマネー講座


来年の1月・2月の話ですが、平日の日中に主婦の方を対象とした
家計に関するお話を全3回で計画中。


教育費や住宅ローン、定年後の生活費、ご主人万一時の遺族年金や必要な保障額など、
家計を守る主婦の方に知っておいていただきたい、知っておいたら損はしない、
そんなお話を少人数(数名~10名)で行いたいと思っています。


詳しくは再度告知をさせていただきますが、
こんな話が聞きたいということがありましたら、是非コメントをください。


よろしくお願いします!!



          ↓↓↓ランキングにご協力をお願いします↓↓↓
             にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ     にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
             ↑↑↑ 是非、カチッとクリックを! ↑↑↑






ひろえFP事務所サイトバナー
ファイナンシャルプランナーひろえFP事務所



[PR]
# by office_hiroe | 2010-12-11 15:56 | 自己&サイト紹介

401Kでお得に退職金準備

■401Kでお得に退職金準備

先日の研修で、確定拠出年金を活用した退職金の準備をお得にするプランが
人気である旨を聞きましたので、その共有です。

確定拠出年金というのは、掛金を会社や個人が出し、一定期間運用し、
60歳以降に年金として、あるいは一括で受け取るというものです。


その確定拠出年金の個人で掛金を出すタイプのお話です。この個人型は自営業者か、
会社員でも企業年金がない会社にお勤めの方なら加入できます。


で、何がお得かと言うと、掛金は所得控除となり、税負担が軽減できる点にあります。


もし年収が500万円ほどある会社員なら、所得税率は20%となり、
住民税10%と合わせて30%の税率が課せられます。

年間掛金が10万円なら3万円が戻ってくるということです。
これって利回りにすると・・・凄い!!


また、一括で受け取ると退職所得となり、会社からの退職金と合算・調整されますので、
退職金の額がそれほど多くなければ、確定拠出年金の一括受取時の税負担も軽くなります。


そんなわけで、企業年金がない会社にお勤めの方や自営業の方に人気があるそうです!
詳しく聞きたいという方はお問い合わせください。


私も自営業者なので退職金作りの一環として検討せねば・・・。



          ↓↓↓ランキングにご協力をお願いします↓↓↓
             にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ     にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
             ↑↑↑ 是非、カチッとクリックを! ↑↑↑






ひろえFP事務所サイトバナー
ファイナンシャルプランナーひろえFP事務所



[PR]
# by office_hiroe | 2010-12-11 15:52 | 定年後生活・年金
■三重県で家を建てようとお考えの方へ


今後の人生を考えた時に、教育費や定年後の生活資金も大切ですが、
住宅のこと、生涯賃貸か家を買うか・・・など悩みますよね。

私は現在は賃貸ですが、「いつかは持ち家を」と思っています。


そんな私のような「将来、家を」とお思いの方に、
“設計事務所”で家を建てるというのはどうかと思い、
選択肢の1つとしてご参考になればと記事を書いています。


今までの私なら、家を建てたり買ったりする際は、兄が勤めているハウスメーカーか、
新聞などの広告をもとに・・・ぐらいしか考えていませんでした。


しかし、先日、三重県四日市市の株式会社ネクサス空間設計様から
ホームページの制作依頼をいただき、建築士さんとのヒアリングなどを通して、
設計事務所に依頼するというのもありだなぁと感じました。


設計事務所にお願いすると「高い」というイメージがありましたが、
そうでもなく、お客様の希望と費用のバランスをとった設計(提案)を
してくれるとのこと。

実際に家を建てる際も複数の施工会社に見積もりをし、
建設中も設計通りに建てられているかチェックをしっかりしてくれるそうです。


住宅購入は人生で一番大きな買い物と言っても過言ではありません。
その住宅を建てる際に、施工業者側ではなく、我々側に立って、
希望通りの住宅が建てられているか、指定した資材が使われているかを
管理してもらえます。つまり、心強い見方ができるというわけです。


当事務所で作成させていただいた株式会社ネクサス空間設計様の
ホームページは以下からご覧ください。

http://www.nexus-spacedesign.com/


          ↓↓↓ランキングにご協力をお願いします↓↓↓
             にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ     にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
             ↑↑↑ 是非、カチッとクリックを! ↑↑↑






ひろえFP事務所サイトバナー
ファイナンシャルプランナーひろえFP事務所



[PR]
# by office_hiroe | 2010-12-10 20:38 | 豆知識
■ガン保険と医療保険は同じ会社がいいのか?

最近、ライフプランの作成と同時に保険の見直しもご依頼いただくことが多く、
保険についてもいろいろとご質問を受けます。


今日は最近お問い合わせが増えているガン保険のご相談時によく質問をいただく、
「ガン保険は医療保険と同じ会社がいいか?」というご質問について。


これは難しいですね。同じにするのと別々にするのとで、
それぞれにメリットがありますから。


【同じ会社にした場合】
ガンになって入院した時、1つの会社に請求すれば良い。

【別々の会社にした場合】
医療は医療、ガンはガンで、自分の希望に合った保険会社を選択できる。


デメリットはその逆ですね。

ガンになると思って入るなら手続きの手間を考え、同じ会社でもいいと思います。
でも、ガンになるかどうか分からないけどもしものためと思い入るなら、
医療保険と同じ会社にわざわざ統一しなくてもいいのではないかと思います。


もしガンになった際は書類を2つ用意すればいいだけの話なので、
自分の希望に合った保障内容で会社を選べばいいと
私はアドバイスをさせていただくことが多いです。



          ↓↓↓ランキングにご協力をお願いします↓↓↓
             にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ     にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
             ↑↑↑ 是非、カチッとクリックを! ↑↑↑






ひろえFP事務所サイトバナー
ファイナンシャルプランナーひろえFP事務所



[PR]
# by office_hiroe | 2010-12-10 16:36 | 保険のお話

失業保険と海外留学

■失業保険と海外留学

あるお客様から「仕事を辞めて海外留学に行ったら、失業保険はもらえないのか?」
というご質問をいただきました。

これはFPとしてもそうですが、私自身の経験からもお答えできました。

答えは、「もらえますが、1年以上の長期留学だともらえなくなります」です。

というのは、失業保険の基本手当が受給できる期間は
原則として離職日の翌日から1年間と決まっているからです。


私の場合は、仕事を辞め、イギリスに8カ月ほど行きましたが、
帰国後すぐにハローワークに行き、パソコン関連の職業訓練もすぐ決まり、
90日の待機期間を待たずに受給が開始しましたから、
給付日数分をしっかりともらうことができました。


というわけですので、数か月程度の短期留学なら
帰国後に失業保険の給付は受けられる余地がありますが、
1年以上の長期留学だと失業保険はもらえないということになります。



          ↓↓↓ランキングにご協力をお願いします↓↓↓
             にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ     にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
             ↑↑↑ 是非、カチッとクリックを! ↑↑↑






ひろえFP事務所サイトバナー
ファイナンシャルプランナーひろえFP事務所



[PR]
# by office_hiroe | 2010-12-08 18:02 | 豆知識

60歳払いか、終身払いか

■60歳払いか、終身払いか

先日、保険について「60歳払いか、65歳払いか」という記事を書きましたが、
別のお客さまから、「60歳払いと、終身払いとどちらがいいですか?」との
質問をいただいたので、またまた比較をしてみたいと思います。


前回同様、35歳の男性がO社の終身医療保険(10,000円/日)と
A社の終身ガン保険(10,000円/日)に入り、
掛金の支払いを60歳までのものと一生払い続ける終身払いのもので考えてみます。


まずは医療保険から。

60歳払いの掛金総額は
1,939,200円 = 6,464円/月 × 12 × 25年

上記と同じ保障内容の終身医療保険に35歳の男性が終身払いで
加入した場合の掛金月額は4,380円。よって、

1,939,200円 ÷ 4,380円 = 442.7月

442.7月 ÷ 12 = 36.9年


35歳の男性が条件ですので、

35歳 + 36.9年 = 71.9歳


つまり、72歳以上生きる人は、60歳払いこみにしておいた方が
掛金総額は安くなるというですね。


同様にガン保険を計算すると、

60歳払いの掛金総額は
1,955,700円 = 6,519円/月 × 12 × 25年

上記と同じ保障内容の終身医療保険に35歳の男性が終身払いで
加入した場合の掛金月額は4,325円。よって、

1,955,700円 ÷ 4,325円 = 452.2月

452.2月 ÷ 12 = 37.7年

35歳 + 37.7年 = 72.7歳


このガン保険の場合は、73歳以上生きれば、60歳払いにしておいた方が
掛金総額が安くなるということですね。


医療技術の進歩などで高齢化が進んでいますので、
終身払いよりは60歳払いの方が人生での掛金支払総額は
少なくなるケースが多くなることが予想されますね。



          ↓↓↓ランキングにご協力をお願いします↓↓↓
             にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ     にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
             ↑↑↑ 是非、カチッとクリックを! ↑↑↑






ひろえFP事務所サイトバナー
ファイナンシャルプランナーひろえFP事務所



[PR]
# by office_hiroe | 2010-12-08 17:58 | 保険のお話
■確定拠出年金の配分変更とスイッチング

先日、大阪で友人とランチを食べていて、確定拠出年金の話になりました。
確定拠出年金というのは、会社か自分で出した掛金を、自分で運用し、
将来年金としてもらうというものです。

運用については預貯金や保険で元本確保型の商品や、
投資信託などでリスクを取りながらも年金原資が増やせるよう
リターンを狙う商品から自分で選びます。

つまり、自己責任ということです。

企業が掛金を負担してくれるタイプでも、商品の選択により、
同期でも年金が変わってしまうということになります。


で、この友人はその企業が退職金代わりに掛金を負担してくれるタイプとのこと。
さらに、話を聞くと、100%元本確保型の定期預金を選んでいるとのことでした。


う~ん・・・。


こればかりは好き好きですが、多少のリスクを取って少し運用をして、
年金原資を増やすことを個人的にはお勧めします。

掛金全部でなくてもいいけど、元本確保型の商品は半分にし、
残りの半分は運用益を狙うとかね。


ちなみに、掛金の配分は変更ができます。
例えば、A商品100%だったのを、A商品50%、B商品50%とか。


また、今までに積み立ててきた年金原資(資産)を
A商品100%なのを、30%はB商品にするという変更もできます。


ちなみに前者の掛金の配分の変更を、そのまま“配分変更”と言い、
後者の年金原資の変更を“スイッチング”と言います。


私の友人のように、100%元本確保型商品という方も多いと思います。
将来の年金を増やすにはある程度のリスクを取って運用することも
必要だと思いますので、そういう方はまずは配分変更で、
少しずつ運用に慣れていってみてはいかがでしょうか。


          ↓↓↓ランキングにご協力をお願いします↓↓↓
             にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ     にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
             ↑↑↑ 是非、カチッとクリックを! ↑↑↑






ひろえFP事務所サイトバナー
ファイナンシャルプランナーひろえFP事務所



[PR]
# by office_hiroe | 2010-12-06 20:50 | 豆知識