当ブログ『起業日記 ~ひろ坊の挑戦~』は33歳で起業を決意した“ひろ坊”こと、FPのひろえが名古屋・大阪を拠点に奮闘する日々をお伝えする日記です。


by office_hiroe
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

米の事実上ゼロ金利政策って?


今日は朝のニュースでアメリカの政策金利の誘導目標が0~0.25%となり、事実上ゼロ金利

政策となったと報道されていました。以前の自分なら、???という感じなので、ちょっと解説。

まず、この政策金利は政府が決めるのではなく、FRBが決めています。日本で言うと、

日本銀行ですね。で、この金利が決まると、他の様々な金利に影響を与えます。例えば、

預貯金や貸し出しの金利などです。預貯金の金利が下がればお金を預けている人は困り

ます。ですが、お金を借りる人は助かりますね。ですから、金利が下がれば、企業の

設備投資や住宅の購入が増えると言われており、景気を刺激する効果があります。

ただ、今回の利下げには大きなポイントがあります。それは今まで世界で最も金利が低いと

言われていた日本の政策金利(0.3%)を下回ったということです。これはどういうことか

というと、日本の円は金利が低いからドルで預金をしていた人々がドルの方が金利が低く

なったので、ドルを売って円を買い戻す動きが加速すると予測されることなんですね。

さきほど確認したら、既に1円50銭の円高ドル安だとか。この先、ますます円高になる

なんてことになったら、日本の輸出系企業はたっまったものじゃないですね・・・。


話は変わりますが、FPがきっかけで、経済のこととかもいろいろと勉強をしているので、

少しニュースが分かるようになったと最近思うようになりました。そんなこんなで、二日続けて

時事ネタですが、今まで自分がよく分からなかったことなどをこれからも分かりやすく(?)

書ければと思います。よろしければ、お付き合いを。


                ↓↓↓ブログランキングはこちらから↓↓↓
                      にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ 
                  ↑↑↑カチッとクリックお願いします↑↑↑
[PR]
by office_hiroe | 2008-12-17 10:49 | 豆知識