当ブログ『起業日記 ~ひろ坊の挑戦~』は33歳で起業を決意した“ひろ坊”こと、FPのひろえが名古屋・大阪を拠点に奮闘する日々をお伝えする日記です。


by office_hiroe
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

『収入保障保険』って何?


今日は、最近提案することの多い『収入保障保険』について

書きたいと思います。

皆さんは、自分に万が一のことがあった場合の保険って、

どれぐらい入ってますか?2000万円とか一定の額になって

いる方が多いと思います。でも、その額ってどうやって決めた

のでしょうか?必要な保障額って、今も10年後も20年後も

同じでしょうか?


そういう疑問に答えるために登場したのが、この『収入保障保険』で

いわゆる死亡保障の一種です。内容はというと、万が一のことが

あった際に、残された家族へ毎月○○万円が○○歳まで

支払われるという形のものです。


例えば、35歳の男性(ご主人)が万一時に10万円という契約を

65歳まででしたとします。

そして、もし加入後すぐに万一のことがあったとしたら、毎月

10万円がご主人が65歳の時までずっと支払われます。

言い換えるとご主人が天国から毎月仕送りをしてくれるような

イメージですね。

支給合計は、以下の通りで3600万円となります。

10万円/月 × 12か月 × 30年(65歳-35歳) = 3600万円

また、上記の例でご主人が10年後の45歳の時に万が一のことが

あったとすると、支給合計は2400万円となります。

10万円/月 × 12か月 × 20年(65歳-45歳) = 2400万円

つまり、加入後、時の経過とともにもらえる額(保障額)が少なくなって

いくことになります。


なんか損のような気がする人もいるかもしれませんが、必要な保障額

というのは、年々減っていくものだと考えられています。というのは、

今5歳の子供がいれば、これから小学校・中学校・高校・大学に通う

ので、それだけの教育資金がかかりますが、10年後にはその子は

15歳になっていて、かかる教育費も高校・大学のみとなります。


ですので、年々減少していく必要保障額に合わせたように支給される

額も減少していく保険に入れば、その分の無駄がカットされて、

保険料の節約もできることになります!


そんなわけで、この収入保障保険というのが今、大変人気となって

います!!


文章では分かりにくいと思いますので、興味がある方はご一報

ください。分かりやすい資料を準備します!


          ↓↓↓ランキングにご協力をお願いします↓↓↓
             にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ     にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ
             ↑↑↑ 是非、カチッとクリックを! ↑↑↑






              ひろえFP事務所サイトバナー


[PR]
by office_hiroe | 2009-09-25 15:59 | 保険のお話