当ブログ『起業日記 ~ひろ坊の挑戦~』は33歳で起業を決意した“ひろ坊”こと、FPのひろえが名古屋・大阪を拠点に奮闘する日々をお伝えする日記です。


by office_hiroe
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

高額療養費制度って何?

■高額療養費制度って何?

先日の1級ファイナンシャル・プランニング技能士に続き、
DCプランナー2級(企業年金コンサルタント)も合格でき、
今年の目標であった2つ資格を無事にとれ、ホッと一息の
名古屋・大阪のファイナンシャルプランナーの廣江淳哉です。

*******

現在、政府与党で、様々な税制や社会保障制度の見直しが検討されています。
検討段階の情報が多いのですが、その中に「高額療養費制度」に関し、
高所得者の自己負担上限額の引き上げの話がありました。

検討段階でまだ決定ではありません。
ただ、「高額療養費制度」自体は非常にありがたい制度で、
大きな病気などで入院・手術をした際に知っておいてほしい制度です。


というわけで、今回は「高額療養費制度」関して、ご紹介。
70歳未満と以上で内容が異なるため、70歳未満でお話を進めさせていただきます。


この高額療養費制度は、長期の入院などで医療費の負担が大きくなるのを
助成する目的で設けられた制度で、1か月の医療費の自己負担額が
所定の金額を超えた場合に、その超えた部分が返金される
というものです。


では、その具体的な自己負担額の上限ですが、収入により異なります。
高所得者というのは月収53万円以上で、
低所得者というのは住民税非課税世帯などとなります。


一般の方 : 80,100円 + ( 医療費総額 - 267,000円 ) × 1%
高所得者 : 150,000円 + ( 医療費総額 - 500,000円 ) × 1%
低所得者 : 35,400円


一般の方を例に、考えてみましょう。

1ヶ月間の医療費が100万円(窓口での支払いは3割の30万円)
とした場合の自己負担上限は

80,100円 + ( 1,000,000円 - 267,000円 ) × 1% = 87,430円

となり、支払った30万円との差額である約21万円が返金されるというものです。


というわけで、病気やケガなどで手術を受け、
1ヶ月間入院して10万円前後の負担で医療を受けられるということです。
本当にありがたい制度だと思います。


ただ、この制度の注意点としては、1か月ごとに判定するので、
入院が2月にまたがれば、別々に計算されたり、
あくまでも医療費の自己負担上限ですので、
食事代や差額別途代は含まれないという点があります。

そして何より、自分で申請をしないといけないので、
知らなければ返金を受けられないということですので、
ご紹介をさせてもらいました。心の片隅に、置いておいてくださいね。


あと、事前に申請すれば、返金ではなく、
窓口での負担を自己負担上限までにすることもでき、
立て替えが不要になったりもします。知ってると知らないで大違いですね!


          ↓↓↓ランキングにご協力をお願いします↓↓↓
             にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ     にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
             ↑↑↑ 是非、カチッとクリックを! ↑↑↑






ひろえFP事務所サイトバナー
ファイナンシャルプランナーひろえFP事務所



[PR]
by office_hiroe | 2010-11-14 19:18 | 豆知識