当ブログ『起業日記 ~ひろ坊の挑戦~』は33歳で起業を決意した“ひろ坊”こと、FPのひろえが名古屋・大阪を拠点に奮闘する日々をお伝えする日記です。


by office_hiroe
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

住民税の減免申請

一昨日、住民税の通知が来ました。そこで、今日はちょっと住民税のお話です。

この住民税は1月1日現在住んでいるところで、前年の所得に対して課税される税金です。税額の計算方法には

2種類あり、基本的に全員一律の均等割と、所得額に税率をかけて課税される所得割があります。そして、その

税率はサラリーマンの給与所得者は、給与所得の10%となります。また納付は、私のような無職の人は自分で、

6月、8月、10月、翌年1月の4回に分けて納付し、サラリーマンの方は給与天引きで6月から翌年5月までの

12回に分けて徴収されます。新入社員は1年目は前年の所得がないので住民税は徴収されず、2年目から徴収

されるため、2年目の6月から給与が減るという現象が起こると思います。

さてさて、私に届いた納付書の6月末までの第1期分は、43,600円でした。失業手当もまだ入ってない自分に

とっては・・・『苦しい』の一言です。納付書の裏面に、退職者は減免できる旨の記載があったので市役所に即電話

しました。結果から言うと、減免してもらえませんでした。理由は、所得が200万円以上だからです。ただ、住民税は

文字通り地方税なので、ルールは自治体によって異なります。もし退職された方などがいれば、市役所に一度電話

をし、減免可能か確認を取ったほうがいいですよ。聞くところによると、1/3程度に減額してもらえそうな人もいる

そうです。というわけで、わずかな貯金を取り崩し、払います。納税は国民の義務ですから、当たり前ですね・・・。

  
                      ↓↓↓ブログランキングはこちらから↓↓ ↓
                               にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ 

                   ↓↓↓ネット証券を始めたい方はこちらへどうぞ↓↓↓
                               
[PR]
by office_hiroe | 2008-06-12 19:34 | 豆知識