当ブログ『起業日記 ~ひろ坊の挑戦~』は33歳で起業を決意した“ひろ坊”こと、FPのひろえが名古屋・大阪を拠点に奮闘する日々をお伝えする日記です。


by office_hiroe
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

物価と金利と景気のお話

今日は朝から提案書作成をやってます。なかなか進みませんが、4ページぐらいできました。

でも、まだ20ページほど残ってます。提出期限まで2週間ちょっと。心配になってきました。

さて、気分転換に新聞を読んでると、G8財務省会合の記事が載ってました。そこで、FPで学んだ

金利を中心にした物価と景気の話をご紹介。今日は休みの日なんで、ちょっと長いよ!


景気が良くなると、給与が増えることにより、消費者の購買意欲が高まるため、物の値段が

上がります。これは需要と供給のバランスから考えると当然のことですよね。欲しい人がたくさん

いれば、売る方は高く買ってくれる人に売りたいので、物の値段は高くなる。そして、物価が

上がっていくと、日銀は物価が異常に上がっていくインフレを警戒して、金利を上げます。

なぜ金利を上げれば物価の上昇が抑えられるかというと、金利が高くなると住宅ローンも借り

にくくなるし、企業も金利が高いので設備投資のための借入れを抑えるからです。つまり、金利を

上げるというのは景気の上昇を抑えるということになります。この考え方を逆にすると、景気を良く

するためには、金利を下げて、企業の借入れや個人の住宅ローンをしやすくして、購買意欲を

高めるということになります。簡単にまとめるとこんな感じですね。


景気がよくなる ⇒ 購買意欲が上がる ⇒ 物の値段が上がる ⇒ 金利を上げる 

⇒ 購買意欲が下がる ⇒ 物の値段がさがる ⇒ 景気が悪くなる



そこで今の日本ですが、物価の上昇を抑えるために金利を上げれば、下向きになりつつある景気

をますます悪くしてしまうし、その景気を良くするために金利を下げれば、物価上昇を加速してしま

います。上のチャートは景気がよくなることにより物価が上がっていますが、今の日本は景気後退

下にあるのに物価が上昇している、いわゆるスタグフレーションに向かいつつあるから、打つ手が

なく、困った状況だということです。

このまま景気が後退し、物価だけが上がれば、お金の価値は下がってしまいます。例えば、牛乳

が1本200円、いや500円なんて時代がすぐに来るかもしれません。そんな時代になったら、

今の1万円は5000円ぐらいの価値、いや1000円ぐらいの価値になってしまいます。ということ

は、利息もつかない預貯金をしていても価値から考えれば、どんどんマイナスということになり、

資産の形成方法を考え直すことが必要となります。そんな時代になれば、FPの需要も増すと

思いますが、そんなことがならないよう景気が良くなり、安心して生活していきたいものです。

頼むぜ、日本!


  
                 ↓↓↓ブログランキングはこちらから↓↓ ↓
                          にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ 

              ↓↓↓ネット証券を始めたい方はこちらへどうぞ↓↓↓
                          
[PR]
by office_hiroe | 2008-06-15 19:39 | 豆知識