当ブログ『起業日記 ~ひろ坊の挑戦~』は33歳で起業を決意した“ひろ坊”こと、FPのひろえが名古屋・大阪を拠点に奮闘する日々をお伝えする日記です。


by office_hiroe
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:豆知識( 114 )


住宅金融支援機構の民間住宅ローンに関する調査結果が公表されて

いましたので、ご紹介です。


近年は金利もかなり低い状態で推移していることから、変動金利で

住宅ローンを借りている人が多いと思っていましたが、何と半数近い

43%の人が変動で、全期間固定金利の人が20%弱ですから、

残りの40%弱の人も一部期間は固定金利であるものの、金利が

変動するリスクを負っていることに、少し驚きました。


金利が低いということは、全期間固定金利も低いということなので、

何十年もの返済期間を考えると、自分は変動金利を選択する

リスクの大きさを感じずにはいられません・・・。


調査結果の詳細はこちらから↓
http://www.jhf.go.jp/research/loan/index.html



          ↓↓↓ランキングにご協力をお願いします↓↓↓
             にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ     にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ
             ↑↑↑ 是非、カチッとクリックを! ↑↑↑






              ひろえFP事務所サイトバナー


[PR]
by office_hiroe | 2009-11-02 17:06 | 豆知識

昨日の日経新聞ですが、「特定扶養控除を縮小」というのがトップ見出しに

なっていました。


どうやら、高校生や大学生のお子さんがいる世帯の負担も増える方向で

話が進みそうな気配です。


最終的にはどうなるのか分かりませんが、選挙の時に言って負担増が

新たに出てきたなという思いと、民主党は今まで野党だったから内情を

知る由がなかったから想像通り財源が確保できないのは仕方ないのか

という思いと、国の赤字をこれ以上増やすと日本経済全体にマイナス

なので、ここは耐える時で、政治には大きな方向転換をしてほしい

という思いとが交錯してます。


どういう方向に進むのか、注視したいと思います。



          ↓↓↓ランキングにご協力をお願いします↓↓↓
             にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ     にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ
             ↑↑↑ 是非、カチッとクリックを! ↑↑↑






              ひろえFP事務所サイトバナー


[PR]
by office_hiroe | 2009-10-29 09:22 | 豆知識

自動車の平均寿命


今朝の日経に自動車関連の記事がありました。それによりますと、

自動車が新車登録をされてから廃車までの期間は、11.68年

(2009年3月末時点)だそうです。


個人的な感想としては意外に長いなぁという感じです。

というのは、車の買い換えについてはお客さんのライフプラン

(家計の将来設計)を作成する際も伺っていますが、「○年ごとに」と

明確に返答される方は少なく、「乗れなくなったら」という答えが多く

あります。そういう際は費用の準備の目安として、車検の区切りもいい

9年ごとでの予算化をご提案させてもらうことが多いですからです。


しかし、この記事によると、平均すると11年は乗るようですので、

今後はお客様の車の使用状況等も伺って、距離もあまり乗られず、

強いこだわりも持っていないという場合は、11年ごとという選択肢も

あっていいのかなぁと思いました。


2009年3月現在において11年超の平均使用期間で、4年連続最高

記録を更新中とのことですから、昨今の技術の進歩なども考慮すれば

最近買った人はもっともっと長期間使用する可能性もありますよね。


う~ん、なるほど!!!

実務では気になる数字です。


          ↓↓↓ランキングにご協力をお願いします↓↓↓
             にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ     にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ
             ↑↑↑ 是非、カチッとクリックを! ↑↑↑






              ひろえFP事務所サイトバナー


[PR]
by office_hiroe | 2009-10-27 12:14 | 豆知識

住民税も上がるのか?


確か土曜日にニュースや新聞で報道されていましたが、「子ども手当」創設に

伴う税源確保の問題として、所得税の一般扶養控除廃止だけではなく、

住民税の扶養控除廃止も検討されているとのことでした。


そもそも、所得税は国、住民税は地方だったので別かなぁと思っていましたが、

財源が不足しているようで、住民税の扶養控除も廃止し、その増収を地方が

「子ども手当」を負担するという方向に進んでいるようです。

ちなみに、扶養控除廃止に伴う税負担(実質増税)は、扶養控除が33万円

ですので、

扶養者(子供)の数×33万円×10%

となります。所得税のように所得の額で所得税率が変わるということは

ありませんので、子供が一人なら、33,000円、二人いれば66,000円ですね。


住民税を納める必要がない程度の低所得者は給付のみが受けられるので

いいのかもしれませんが、高校生や大学生のお子さんがいる家庭での

控除額(45万円)も廃止されれば、住民税については納税額が増えても、

「子ども手当」はもらえないということになります。高校までの授業料が

実質無料化となるようですので、現物(現金)給付はないけど、実質負担が

軽くなっていると解釈すればいいのでしょうか・・・。


制度が正式に決まれば、その辺の説明はしっかりとしてほしいものですね。


          ↓↓↓ランキングにご協力をお願いします↓↓↓
             にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ     にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ
             ↑↑↑ 是非、カチッとクリックを! ↑↑↑






              ひろえFP事務所サイトバナー


[PR]
by office_hiroe | 2009-10-26 11:54 | 豆知識

定年後の雇用継続


今日の日経新聞を読んでいると、定年後の雇用継続率が70%と

出ていました。この数値、高いですか?低いですか?


自分は低いと感じました。つまり、30%の人は定年後、継続して

その会社で働いていないということです。


定年の年齢設定は会社により異なりますが、まだまだ65歳以降を

定年の年齢にしている企業は少ないと思います。

そうすると、定年後、年金までの生活資金はどうなるのでしょうか。

年金と言っても、ゆとりある生活ができるほどもらえるのはごく一部の

人であり、ますます自助努力というのが必要になると感じました・・・。


皆さん、貯蓄してますか?

貯蓄の基本は、

収入 - 支出 = 貯蓄

ではなく、

収入 - 貯蓄 = 支出

と考えるべきですよ。つまり、毎月一定額を貯蓄に回すという方法です。

銀行の積み立てもいいですが、利回りを考えると、投資信託や

保険を用いた積み立てもいいのでないかと思います!!


そんな相談もファイナンシャルプランナー(FP)までどうぞ。


          ↓↓↓ランキングにご協力をお願いします↓↓↓
             にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ     にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ
             ↑↑↑ 是非、カチッとクリックを! ↑↑↑






              ひろえFP事務所サイトバナー


[PR]
by office_hiroe | 2009-10-21 11:02 | 豆知識

扶養控除廃止


FPとして最近最も気にあるニュースは「子ども手当」に関してです。

民主党の政権交代を印象付けるためにも重要な政策だと思うので、

今さらやめますはないと思いますが、気になっているのは「子ども

手当」創設に伴い廃止される所得控除。


今朝の新聞などを読んでいても、廃止されるのは扶養控除で

しかも15歳までの子供を対象にした一般の扶養控除。

高校生や大学生の子供を対象にした特定の扶養控除は残る方向で

調整が続いているので、少し安心しました。あとは専業主婦などを

対象にした配偶者控除の行方ですね。


かなり昔に書いたと思いますが、そもそもこの所得控除って何だか

分かります?


これは所得税を計算する時に用いる考え方なんですね。

例えば会社員の人なら給与をもらいますが、年収に対して○○%で

所得税が決まるのではなく、年収から様々な控除がされ、その残額

(所得)に応じて、税率が決まり、税率が掛けられ、所得税が決まります。


年収 - 控除 = 所得

所得 × 所得税率 = 所得税額

簡単に書けば、こんな感じです。ですので、控除が多ければ多いほど、

所得が減り、所得が減れば所得税額が減ります。私たち納税者にとって

みれば嬉しい話ですが、国にしてみれば、「子ども手当」も出して、さらに

所得控除もして所得税が減れば、支出は増え、収入は減るので、大変な

ことになるんですね。ですので、「子ども手当」を出す変わりに、他で収入を

少しでも増やそうということです。

ただ、メルマガホームページにも試算を出しましたが、扶養控除がなく

なって所得税額が増えても、「子ども手当」でもらえるほどは増えませんから

15歳までのお子さんがいる家族にとってはプラスとなると思われます!




          ↓↓↓ランキングにご協力をお願いします↓↓↓
             にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ     にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ
             ↑↑↑ 是非、カチッとクリックを! ↑↑↑






              ひろえFP事務所サイトバナー


[PR]
by office_hiroe | 2009-10-11 16:17 | 豆知識

平均寿命が100歳!?


今日の日経新聞を読んでいて目についたのが、南デンマーク大学の

研究者が発表した論文の話です。

なんと、2000年以降に生まれた日本の赤ちゃんの多くが100歳の

誕生日を迎えるだろうというもの。

今から100年後なので、いろんなものが変わっているとは思いますが、

今の日本で急に平均寿命が100歳になったら、年金・医療・介護の

問題が起こると思います。


悲しい話ですが、長生きもリスク・・・なんですね。


FPとして相談を受けた際は、定年後の生活にも目を向けた設計を

しっかりと行って、年金などの国の社会保障で足りない部分がある

場合は資産形成のアドバイスを、さらには長生きに備えて、民間の

個人年金、医療保険、介護保険などの大切も説明しないといけない

なぁと思いました。


          ↓↓↓ランキングにご協力をお願いします↓↓↓
             にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ     にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ
             ↑↑↑ 是非、カチッとクリックを! ↑↑↑






              ひろえFP事務所サイトバナー


[PR]
by office_hiroe | 2009-10-04 23:53 | 豆知識

9月の大型連休を皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

トヨタ関係は休みではなく勤務日のようですし、私が以前勤めていた日本語

学校も通常授業と聞いているので、お仕事という人も多そうですね。


自分は、連休前半はお客さんに会ったりと予定が詰まっていましたが、

今日・明日は自宅です。のんびり・・・と言いいたいのですが、今週末は

お客さんに会い、ヒアリングやご提案の予定が5組も入っているので、

その準備をしています。


会社員時代は休日出勤は嫌で仕方なかったのですが、今は土日に仕事を

するのも何とも思わず、むしろ仕事があることが有難いぐらいで、やりたい

仕事をするっていいなぁ~と実感しています。


前置きが長くなりましたが、パソコンにずっと向かっているのが得意では

ないので、休憩を兼ね、新聞や本を読んだりしていますが、今日はその中から

結婚にかかる費用について、日経新聞(19日)にかかれていたので紹介です。


まず全国平均ですが、317万4000円だそうです。そして、地域別の平均額も

紹介されているのですが、一番高いと思っていた東海は315万2000円で

全国平均よりも低いことが分かりました。ちなみに、一番高いのは九州で

334万1000円です。(「ゼクシィ」調べ)


記事には名古屋の派手な結婚式も変わってきたとありますが、よくよく見て

みると、招待客数の平均が全国では73.8人、東海では60.2人、九州では

96.7人です。そこから、招待客一人当たりの結婚費用を見てみると、

東海がダントツの5万2358円。規模は抑えても、派手さはまだまだ健在の

東海のようですね。


ちなみに、私は愛知県に住んでいて妻も愛知県出身ですが、親戚のみに

参加いただき、質素に挙げましたが。


          ↓↓↓ランキングにご協力をお願いします↓↓↓
             にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ     にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ
             ↑↑↑ 是非、カチッとクリックを! ↑↑↑






              ひろえFP事務所サイトバナー


[PR]
by office_hiroe | 2009-09-22 16:34 | 豆知識

『助成金』を学ぶ


昨日の話ですが、所属している保険の乗り合い代理店の会社でオフィス

ミーティングがあったのですが、その後に希望者だけで『助成金』の

セミナーがありました。


社労士の先生が講師に来てくださり、厚生労働省の事業者に対する

『助成金』を解説してくださいました。先生がまとめてくださった資料だけ

でも40近い助成金があり、細かい解説と言うよりはおおまかな内容

のみの紹介という感じでしたが、国の助成金についてある程度知識を

持っておけば、企業を訪問した際の1つの話の種にもなると思いますので、

そういう点では参考になることが多かったです。


話を聞いていて思ったのは、子育てなどのための産休や育休に対する

助成金と、昨今の雇用情勢を反映してか雇用(採用)に対する助成が

多いなぁと感じました。


そんな中、ある助成金で40歳未満の若年者と45歳以上の中高年を

雇用すればもらえる助成金があり、40歳~44歳の人たちだけが対象外と

なっているのには、「あれ!?」って感じがしました。


ともあれ、今後とも知識習得の継続をしていきたいと思います。


          ↓↓↓ランキングにご協力をお願いします↓↓↓
             にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ     にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ
             ↑↑↑ 是非、カチッとクリックを! ↑↑↑






              ひろえFP事務所サイトバナー


[PR]
by office_hiroe | 2009-08-21 15:44 | 豆知識

任意継続から国保へ


先々月のことですが、任意継続をしていた健康保険の保険料を払い忘れて

しまい、任意継続を脱退し、国民健康保険に加入することとなりました。


その国民健康保険の保険料を見てビックリ。何と年間で2万円弱。

任意継続をしていた時は月に1万円ほどだったので、たった2か月分の

保険料で、国民健康保険の1年分の保険料になってしまいます。

というのは、保険料の計算方法に違いがあるからです。任意継続の場合は

退職時の標準報酬月額を元に計算されますが、国民健康保険では前年の

所得を元に計算されるからです。


もし定年などで退職をされる方がいらっしゃれば、退職時期にもよりますが、

初年度は任意継続をし、翌年は国民健康保険というのもいいのかも

しれません。


しかし、任意継続は自分の意志では脱退できず、2年間続けないといけない

ことになっていますので、ご注意ください。ただ、私のように保険料を払うのを

うっかり忘れれば、強制的に国民健康保険に移行となることも判明したので

書いておこうと思います。


ちなみに、任意継続期間中でも、市役所に行けば、国民健康保険に入った

場合の保険料がいくらかということは教えてもらえますよ!


          ↓↓↓ランキングにご協力をお願いします↓↓↓
             にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ     にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ
             ↑↑↑ 是非、カチッとクリックを! ↑↑↑






              ひろえFP事務所サイトバナー


[PR]
by office_hiroe | 2009-08-19 10:15 | 豆知識