当ブログ『起業日記 ~ひろ坊の挑戦~』は33歳で起業を決意した“ひろ坊”こと、FPのひろえが名古屋・大阪を拠点に奮闘する日々をお伝えする日記です。


by office_hiroe
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:豆知識(社労士)( 11 )

ねんきん特別便


                ↓↓↓ブログランキングはこちらから↓↓↓
                      にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ 
                  ↑↑↑カチッとクリックお願いします↑↑↑


皆さんのところには届きましたか?私のところには先週届き、昨日返送しました。

さて、その年金ですが、保険料っていくらぐらい払っているかって知ってます?参考までに

会社員の人の厚生年金についてちょっと解説。

厚生年金の保険料は、月の給与と賞与の両方にかかります。例えば月の給与で考えると、

まず月収を標準報酬月額というものに換算します。この標準報酬月額というのは、98,000円

から620,000円までの30等級に分かれていて、月収が290,000円から310,000円の人は

標準報酬月額が300,000円となります。

そして、この標準報酬月額に一律の保険料率がかけられ、保険料が決まります。ちなみに、

この保険料は来年の8月までは15.35%で、毎年9月に0.354%ずつ引き上げられ、平成

29年以降は18.3%に固定されます。実際は労使折半であるため、半分は会社が負担して

くれますので、平成29年以降なら標準報酬月額の9.15%の保険料となります。標準報酬

月額が300,000円なら、27,450円です。年間にすると約33万円で、これに賞与にかかる

分も納付するので・・・40万円から50万円ほど納付することになります。


ここでちょっと言いたいことは社会保険庁の年金記録改ざん問題

昨今の報道によると、ちゃんと保険料を給与天引きで納めていても、この標準報酬月額が

半額などに改ざんされていて、本来の年金額をもらえない人がたくさんいるとか。本当に、

あり得ない話だと思います。この半額というのがポイントで、本来なら保険料は労使折半

なのに、労働者が納付した分で会社納付分もまかなえるように、操作されているとか。ここに

この問題の悪質さというのが感じられます。

さて、今回のねんきん特別便ですが、納付期間だけでなく、標準報酬月額も明記したものを

送ってきてほしいと思います。昔のことだから忘れてる部分はあるかもしれませんが、標準

報酬月額が半分になっていたら、何となくわかることもあるはずです。

それに毎年、年末調整やら確定申告などで保険料の納付額を申請しているので、社会保険庁

が本気になり、税務署に協力を求めれば、全て調べられるのではないかと思ったりもして

います。

ともあれ、年金制度に関する条文には、年金は、「自助努力の支援」

というような位置づけで書かれています。つまり、老後は国の年金に頼らず、自分で生活を

ということなんですね・・・。これだけの保険料を払っているのに、厳しい世の中です。
[PR]
by office_hiroe | 2008-10-29 10:32 | 豆知識(社労士)

教育訓練給付金

                    ↓↓↓ランキングはこちらから↓↓ ↓
                          にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ 


1通の封書が届きました。開けてみると、「教育訓練給付金支給・不支給決定通知書」と書いて

あります。これは、先週、職安で自分が申請したもので、支給が決まり、近日中に振り込まれる

ようです。


さて、この“教育訓練給付金”ですが、厚生労働大臣が指定する教育訓練を受け、

修了した場合に、支払った額の20%(上限10万円)が雇用保険から支給されるというもの

です。ただ、誰でももらえるのではなく、雇用保険を3年以上払った人(初めてなら1年)が対象

です。そして、指定訓練ですが、英会話など様々ですが、私はFPの講座を受けました。学費が

15万円ほどかかったので、3万円ほど支給されます。臨時収入ですが、無収入状態なので、

生活費となりそうです・・・(笑)
[PR]
by office_hiroe | 2008-09-03 21:41 | 豆知識(社労士)

受験票届く

 
         ↓↓↓ブログランキングはこちらから!クリックをお願いします!↓↓ ↓
                          にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ 


8月24日に行われる社労士試験の受験票が今日届きました。「きたな!」という感じです。

以前も書いたかもしれませんが、試験時間は午前が80分、午後が210分となっているため、

体力と集中力の勝負となりそうです。

注意事項で面白いなぁと思ったのが、「耳せんは使用できません」という一文。自分は受験勉強を

していた頃も、耳せんをしながら勉強したことがないので構いませんが、長丁場を集中して乗り

切るには必要だという人もいそうですが・・・。


そんなこんなで試験まで3週間ほどなので、勉強にも気合を入れねばと思っています。以前の

模試でできなかった問題を分野ごとに復習し、その後はその分野の問題演習をやるという形で

進めようと思っています。ちなみに、今日は労働基準法をしました。授業を受けたのは5月のこと

なので、結構忘れています。諦めることなく(笑)、準備を進めていきたいと思います。
[PR]
by office_hiroe | 2008-08-02 18:47 | 豆知識(社労士)

訓練延長給付

現在、失業中のため雇用保険から失業給付をもらっていますが、今日は失業の認定日だった

ため、職安へ行ってきました。7月30日に職業訓練が終わり、残りの給付日数が6日しか

なかったため、訓練延長給付について聞いてみたら、大変なことに・・・。

この訓練延長給付というのは、職業訓練が終わった時点で、支給残日数が30日に満たない

場合は、30日までを限度に支給が延長されるというものです。


さて、今日の話に戻しますが、11時ぐらいに窓口で聞いたら、「確認します」と言われ、待たされる

こと1時間。結局、結論は出ず、12時過ぎに再度呼ばれ、「確認して電話します」とのこと。

帰ってきて、待っても待っても連絡がなく、やっと今、18時前に電話がありました。

で、結論は自分には訓練延長給付は支給できないとのこと。理由は、「単に日数が少ないから

ではなく、就職が困難な人という要件を自分は満たしていないから」ということでした。担当者の

説明による就職が困難な人というのは、45歳以上60歳未満の人か、自己都合での退職では

なく解雇や倒産などで職を失った人か、障害を持っている人などのこととのことでした。

というわけで、給付をもらえるのは残り6日分なので、あとは自分でしっかり稼がなくてはなり

ません。とりあえずは、試験に集中ですが、意を決す時が近づいたなという感じです。

  
                 ↓↓↓ブログランキングはこちらから↓↓ ↓
                          にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ 
[PR]
by office_hiroe | 2008-08-01 18:08 | 豆知識(社労士)
離婚したら、ご主人の年金を半分もらえると思っている主婦の方、いませんか?

平成20年4月からサラリーマンの妻で専業主婦の人が、ご主人の年金を半分もらえるようになる

から、熟年離婚が増えるのではなどというニュースが半年ぐらい前によくやってたと思います。

詳しい数値は分かりませんが、いつぞやの新聞記事に、特に離婚件数が増えたりはしていない

というのが載っていたと思います。

さて、その離婚時に年金分割に関してですが、注意点があります!

平成20年4月から、離婚時に専業主婦の方にご主人の年金を強制分割

して半分を妻に渡すということになりましたが、これはあくまでも平成204月年以降で婚姻して

いた期間分のみです。つまり、今、仮に離婚をしたとしても、分割されるのは3か月分ですので、

ご注意を!ちなみに、平成20年4月前の分は任意分割となり、

その分についてはご主人の同意が必要で、同意を得られない場合は調停になります!

  

                 ↓↓↓ブログランキングはこちらから↓↓ ↓
                          にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ 

 
[PR]
by office_hiroe | 2008-07-26 15:01 | 豆知識(社労士)

児童手当

今日で職業訓練の社労士講義は終了であった。で、最終回の今日は『社会保険に関する一般

常識』の講義であった。その中で気になったのが、『児童手当』について。

詳細は置いといて、大きくとらえると以下の通り。

2歳までが、10,000円/月

12歳までが、5,000円/月


これを知り、持った感想は、「少ない」という思い。月5,000円って、食費にもならないと思い

ます。子供を1人育てるのに、1000万円とも2000万円とも言われているのに、児童手当を

ずっともらっても、100万円にも届きません。少子高齢化が社会問題となっている昨今、この辺

から考える必要があると思います。

しかもこの制度の国庫負担は、サラリーマンなら3割しか出してません。さらに、児童手当は

請求があった日の翌月から支給し、請求がしていなかったそれまでの分はもらえないんです。

つまり、請求が遅れれば、その分はもらえないということ。これって、おかしくないですか?

制度を知らない人はもらえないんですよ。実際に出生届を出す際に、全ての役所で100%

案内しているなんてことはないだろうから、出生届を出した時点で自動的に支給するようにする

とか、少しでも子供を育てやすい環境を作るための制度改革が必要だと思います。

社労士やFPではなく、政治家にでもなろうかと思いました(笑)

  
                 ↓↓↓ブログランキングはこちらから↓↓ ↓
                          にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ 

  
[PR]
by office_hiroe | 2008-07-24 19:59 | 豆知識(社労士)

社労士『横断セミナー』

今日は社労士の『横断セミナー』という授業を受けてきました。社労士試験の範囲は8つの分野に

分類できるのですが、それぞれの分野で似たところがあります。例えば、届出に関する事項。

A分野では、5日以内や10日以内。B分野では10日以内や14日以内などです。それぞれの

分野を勉強しているときは、「ああ、そうか」と思い、その後の確認テストでも答えられるのですが、

勉強する分野が増えるにつれ、「あれはどうだったかな」とゴチャゴチャになってしまいます。

ですので、『横断セミナー』はそれらを整理するために24のテーマでまとめてくれる授業で、

非常にいいものです。

しかし、受けた6時間の講義についていくのが精一杯というか、ついていけず、講師の言葉が

耳を素通りしていきました(汗)「右から左へ・・・」という感じです(笑)

試験まで残り1ヶ月ですが、この24項目を中心にまとめ、知識の整理をしたいと思います。

  
                 ↓↓↓ブログランキングはこちらから↓↓ ↓
                          にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ 

              ↓↓↓ネット証券を始めたい方はこちらへどうぞ↓↓↓
                          
[PR]
by office_hiroe | 2008-07-21 18:57 | 豆知識(社労士)

社労士模試の結果

昨日あった2回目の社労士模試の自己採点をしました。

選択式(穴埋め問題)   ⇒ 正答率67.5%
択一式(四捨択一問題) ⇒ 正答率44.2%


勉強を始めて1ヵ月半で、まだ6割ぐらいしかテキストを進められてないので、今回の目標は

先日のブログにも書いたとおり、50%でした。ですので、選択式はとても良かったと思います。

合格ラインも70%ですしね。で、問題は択一式。既にテキストを終えた部分でも47.5%の正答率

だったので、まだまだですね。次は最後の模試となり、7月19日にあります。職業訓練の日程表

でも、範囲の90%は終えられるので、選択式、択一式共に60%以上を最低ラインに勉強を

進めたいと思います。そして、本試験までの1ヶ月で10%上げ、滑り込みで合格を狙います。

ただ、試験時間が選択90分、択一210分の計300分で、5時間です!

昨日は頭が爆発しそうでした。体力勝負の社労士試験ですが頑張ります!

  
       ↓↓↓ブログランキングはこちらからです。是非、ポチっとお願いします↓↓ ↓
                          にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ 

              ↓↓↓ネット証券を始めたい方はこちらへどうぞ↓↓↓
                          
[PR]
by office_hiroe | 2008-06-22 22:34 | 豆知識(社労士)

労災保険

今日の午前で社労士科目の3つ目である労災保険が終わりました。今日の午後からは雇用保険に入りました。

さて、労災保険を振り返ると、労災はかなり手厚いなぁと感じました。そして、労働者が1人でもいる事業者は労災

保険に加入する義務があります。(一部の農林水産業は除く。)もし入っていなくても事業者に問題があるので、

労働者はしっかり保護されます。そして、その労働者というのは、派遣もパートも日雇労働者も外国人も対象です。

テキストの外国人労働者のところに「不法労働者も含む」と書いてあるのに、ビックリですが(笑)。


さあ、この労災は国がやっているので、ケガや病気になった人は会社に請求するのではなく、国(労働基準監督署

など)に請求をしなければなりません。ですから、会社からこれは労災じゃ無理だなぁと言われても、しっかり確認

することが大切です!お忘れなく!


 
                      ↓↓↓ブログランキングはこちらから↓↓ ↓
                               にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ 

                   ↓↓↓ネット証券を始めたい方はこちらへどうぞ↓↓↓
                               
[PR]
by office_hiroe | 2008-05-30 19:34 | 豆知識(社労士)
労働基準法についての勉強をしています。そこで気になったのが労働時間。


32条に1週間40時間を超えて労働させてはならないとの基準があります(一部の業種の一定の条件を除く)。

この枠を超えて労働させるには、36協定などが必要なのですが、今日書きたいのは時間ではなく賃金です。


1週間40時間を超える労働には、25%以上の割増賃金が必要です!これは、時給制の労働者だけではなく、

月給制や年棒制の労働者も該当します。私が以前勤めていた会社で、よく土曜日に出勤があったんですが、その

週は40時間を大きく超えて労働していました。つまり、これは割増賃金の対象です。


昨今、名ばかり管理職などの問題で時間外労働が注目されているので、会社に請求してみても面白いかもなんて

思ったりしました。

 
                      ↓↓↓ブログランキングはこちらから↓↓ ↓
                               にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ 

                   ↓↓↓ネット証券を始めたい方はこちらへどうぞ↓↓↓
                               
[PR]
by office_hiroe | 2008-05-22 21:37 | 豆知識(社労士)