当ブログ『起業日記 ~ひろ坊の挑戦~』は33歳で起業を決意した“ひろ坊”こと、FPのひろえが名古屋・大阪を拠点に奮闘する日々をお伝えする日記です。


by office_hiroe
カレンダー

<   2009年 06月 ( 21 )   > この月の画像一覧

住宅ローンを考える


住宅購入を決めたご夫婦から住宅ローンの相談をいただくことになり、

下準備をしています。頭の中では分かっていることを分かりやすく

説明するには資料が必要かと思い、プレゼンのような資料を簡単に

作ってみました。自分の知識も整理され、なかなかいい感じです。


さて、住宅ローンを組む際にはいろいろと悩むと思います。

金利は固定か変動か、返済方法は元利均等か元本均等かなどなど。

ローンを組み前に絶対にこれだけは考えてほしいというのは、毎月の

返済額がだけではなく、返済が終わるまでの全期間での

シュミレーションをしっかりしてほしいということです。つまり、単に

住宅ローンの返済費だけでなく、教育費や定年後の生活資金のことも

しっかりと考えておかないと、「たぶん大丈夫だろう」では後々、大変な

ことになることもあるということです。


自分はまだ家は買っていませんが、“自分なら”という目線でしっかりと

考え、相談に乗りたいと思います。


          ↓↓↓ランキングにご協力をお願いします↓↓↓
             にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ     にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ
             ↑↑↑ 是非、カチッとクリックを! ↑↑↑






              ひろえFP事務所サイトバナー


[PR]
by office_hiroe | 2009-06-30 20:53 | 金融資産運用

高度先進医療


今日は多治見のお客さんとこへ行ってきました。日本一暑いと言われている

あの岐阜県多治見市です。

一宮インターから高速に乗って約30分ほどで着きました。ETC割引もあって、

行きは500円、帰りは650円でした。いや~、ありがたい。


さて、今日は最近テレビでよく見かける『高度先進医療』についてです。

宝塚出身の女優さんが保険会社のCMに出ていると思います。


そもそも、この高度先進医療というのは、厚生労働省が認めた最新の

医療技術を用いた治療のことで、将来的には健康保険での給付が

見込まれており、107種類の治療があります(平成21年5月現在)。

この“将来的に”というのがポイントで、現在は高度先進医療に

かかわる治療は保険適用ではありません。つまり、自費です。しかも

最新の治療であるため、その費用も高額なものが多く、固形ガンの

重粒子線治療というのは、300万円もするそうです。


費用が高額なため高度先進医療をあきらめる人もいるようで、そういうことが

ないように、民間の医療保険では最近、この『高度先進医療』の費用(実費で

1000万円まで)を保障するものが多くでてきました。現状で、7~8社で

しょうか。今後は扱う会社も増え、医療保険のスタンダードとなりそうです。


先日も、O社がこの高度先進医療特約が付いた医療保険を発売しましたが、

今までO社の医療保険に入っていた人でも特約の追加ができず、

入り直さないといけないそうです。入り直すということは、今の年齢で保険料が

再計算されるため、保険料が高くなることが往々にあります。


保険って、日々新しいものが出てくるので、自分に必要かをしっかり見極め、

加入を検討してくださいね!!


          ↓↓↓ランキングにご協力をお願いします↓↓↓
             にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ     にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ
             ↑↑↑ 是非、カチッとクリックを! ↑↑↑






              ひろえFP事務所サイトバナー


[PR]
by office_hiroe | 2009-06-29 21:36 | 保険のお話

『聴く』ことの大切さ


数日前、大阪市内のある駅で新幹線の座席を押さえようとみどりの窓口に

行った時の会話です。

私 : 新幹線の座席を押さえたいんですけど・・・。

JR : 回数券をお持ちですか?

私 : はい(渡す)。明日の6時頃に着くやつでお願いします。

JR : 朝ですか?

私 : いえ、夕方です。

JR : 東京ですか。

私 : 名古屋です。

(駅員が調べると同時に、私も横の時刻表で調べる)

私 : のぞみ○○でお願いします。

(駅員が上記の列車をパソコン画面で入力する)

JR : 禁煙席ですか?

私 : この新幹線、全車禁煙ですよね?

JR : あぁ、そうですね。

(発券され、渡される)

JR : ○○日、新大阪○○時発、名古屋○○時着の禁煙席、窓側です。


以上が会話のやり取りですが、朝6時に東京や名古屋に着く新幹線は

ありません。しかも、回数券(新大阪-名古屋)を渡しているのに、

「東京ですか?」には呆れました。さらには全車禁煙なのに、「禁煙席

ですか?」って、“喫煙席があるんかい!!”って感じで、本当に

チグハグぶりに驚きました。


その時に思ったことは、自分がお客さんと話している時に、何度も

同じことを聞いたり、会話が噛み合わないような質問をしてしまい、

お客さんに今回の私と同じような思いを持たれていないかということです。


そんなこんなで、『聴くこと』の大切さを再認識した出来事でした。


          ↓↓↓ランキングにご協力をお願いします↓↓↓
             にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ     にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ
             ↑↑↑ 是非、カチッとクリックを! ↑↑↑






              ひろえFP事務所サイトバナー


[PR]
by office_hiroe | 2009-06-27 22:27 | 独り言

夫の保障 VS 妻の保障


あるお客さんと話をしていて、夫婦共働きの家庭の必要保障額の話に

なりました。つまり、ご主人と奥さんのどちらかに万が一のことがあったら、

どちらに万が一のことがあった場合の方が大変かという話です。


どちらの方が大変だと思いますか???


一般的には収入が多い方に万が一のことがあった場合の方が、

その分の収入が減るので大変になると考えると思います。

しかし、答えはそう簡単ではありません。考えなければならない

ポイントがいくつかあります。


まずは遺族年金についてです。万が一の際に残された家族は

遺族年金というのをもらいます。もし亡くなったのが会社員である

お父さんなら、残された家族は遺族厚生年金と遺族基礎年金という

2つの年金をもらいます。ただ、ここでポイントとなるのは遺族基礎

年金がもらえる人です。それは“子のある妻”“子”なのです。

つまり、子のある夫はもらえないのです。

年金制度が昔のままというか、男女差別というか・・・。とにかく、

現状はこのようになっているので、収入が同じ夫婦の家庭なら

お母さんの保障の方が多く必要となります。


また、もし住宅ローンをご主人名義で借りており、先日紹介した

団体信用生命保険に入っていたら、ご主人に万が一のことがあれば

住宅ローンの支払は不要になり、家も残ります。しかし、奥さんに

万が一のことがあっても、収入が減りつつも住宅ローンは払い続け、

さらに子供の教育資金も捻出して行かなければなりません。


そんなこんなを考慮すると、夫婦共働きの家庭では、奥さんの方が

必要保障額が多くなるということはよくあるケースですので、そういう

ご家庭は今一度保険の加入状況を確認した方がいいかもしれません。

お子さんがいない夫婦二人の家庭ならまだしも、小さいお子さんが

いれば、万が一の際に困るのはお子さんですので、しっかりと考えて

おきたいですね。



          ↓↓↓ランキングにご協力をお願いします↓↓↓
             にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ     にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ
             ↑↑↑ 是非、カチッとクリックを! ↑↑↑






              ひろえFP事務所サイトバナー


[PR]
by office_hiroe | 2009-06-24 23:04 | 保険のお話

皆さんは、保険の見直しってどんなタイミングでしていますか?もう10年以上も

そのままという人は一度内容を確認した方がいいと思いますよ。


さて、その保険の見直しのタイミングとして、住宅を買った時というのが考え

られます。というのは、住宅を買った際に住宅ローンを組むと思うのですが、

その時に団体信用生命保険というのに入ることが多々あるからです。

この団体信用生命保険は、ローンを借りた人に万が一のことがあった際に

その後のローン支払いは不要になり、家は残された家族のものになる

というものです。


ですので、住宅ローンを組み、この団体信用生命保険に入れば、

住宅ローンと同額の保障がある保険に入ったようなものですから、

他に入っている生命保険があれば、その生命保険は多少減額しても

いいようになるということです。


住宅ローンの返済は家計の大きな負担となるので、保険を少しでも

減らせれば、家計は助かりますね!!


          ↓↓↓ランキングにご協力をお願いします↓↓↓
             にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ     にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ
             ↑↑↑ 是非、カチッとクリックを! ↑↑↑






              ひろえFP事務所サイトバナー


[PR]
by office_hiroe | 2009-06-22 11:56 | 保険のお話

TAC、恐るべし!?


今日はCFPの「リスクと保険」の科目を受験してきました。

4択問題が全部で50問あるのですが、最後の2択で悩んだ問題が3問。

残り47問はほぼ問題なく解けました。しかも、CFPは時間との戦いと

聞いたりもしていましたが、30分時間を残して途中退席してきました。

もちろん、計算間違いなどをしている可能性もありますが、

「リスクと保険」はまず間違いなく合格できると思います!!


そこで思ったのが、資格のTACの凄さ!勉強方法は、TACの講義を

受け、TACの問題集を解き、その問題で間違えた問題のみもう一度

解いただけです。ポイントを押さえた内容に、ちょっと感動しました。

11月以降の試験で、残り4教科受けますが、またお世話になろうと

思います。


ともあれ、無事に試験が終わって良かった。。。



          ↓↓↓ランキングにご協力をお願いします↓↓↓
                  にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ 
             ↑↑↑ 是非、カチッとクリックを! ↑↑↑






              ひろえFP事務所サイトバナー


[PR]
by office_hiroe | 2009-06-21 23:31 | 資格

今日は、ある方から相談を受けたことのご紹介です。

その方のお父さんは亡くなられているのですが、生前にそのお父さん

から、口頭で「この株、やるわ」と株券をもらったそうですです。
(現在は株券は電子化されていますが、当時は紙でした。)

そして、先日引っ越しの準備をしていたら、偶然その株券が出てきた

そうです。ただ、その株券は所有者の氏名はお父さんのままとなって

おり、株券としてまだ有効なのか、また名義の変更は可能なのか

というのが質問の内容です。


そこで、株券を管理している信託銀行に確認したところ、株券は現在も

有効で、配当などの案内を送っていたが、宛名不在で戻ってきていた

とのこと。

そして、名義変更については、本来の所有者であるお父さんが亡く

なっているので、名義の変更には法定相続人の印などが必要とのこと

でした。

ちなみに、もし株券をもらった際に一筆あれば、生前贈与が認められ、

法定相続人の印はなくても名義変更が可能なようです。


もう株券は電子化されているので、今後このようなことはありまえんが、

もし何かをもらった時は、しっかりと名義も変えてもらっておいた方が

いいということですね。


          ↓↓↓ランキングにご協力をお願いします↓↓↓
                  にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ 
             ↑↑↑ 是非、カチッとクリックを! ↑↑↑






              ひろえFP事務所サイトバナー


[PR]
by office_hiroe | 2009-06-18 21:50 | 金融資産運用

今週末のCFP試験で、「リスクと保険」の科目を受けるので、今週は勉強が

中心です。

その中で、「エッ!!」と思う内容がありました。それは、自動車の事故で

自動車保険の保険金をもらう時に契約形態によって課税所得が変わってくる

というものです。

相手がある事故で相手からの賠償は非課税なのですが、自損事故の場合

にはいろいろあるようです。

仮にAさんが契約者で、事故を起こしたのもAさんとします。

Aさんが亡くなり、Aさんの遺族が保険金をもらう ⇒ 相続税

同乗のAさん家族が亡くなり、Aさんが保険金をもらう ⇒ 一時所得

同乗のAさん知人が亡くなり、知人の遺族が保険金をもらう ⇒ 贈与税 

贈与税と相続税では納税額も大きく異なるだろうし、保険金をもらって

贈与税ってのに驚きましたが・・・。


          ↓↓↓ランキングにご協力をお願いします↓↓↓
                  にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ 
             ↑↑↑ 是非、カチッとクリックを! ↑↑↑






              ひろえFP事務所サイトバナー


[PR]
by office_hiroe | 2009-06-17 20:42 | 保険のお話

あるお客さんから「少し貯金があるから、住宅ローンの繰り上げ返済を

した方がいいかしら」と相談を受けました。さらに「一度、期間短縮の

繰り上げ返済をしているので、もう一度するとローン期間が短くなり、

住宅ローン控除が受けられなくなると聞いてるけど、どうしたら

いいのかしら?」とも。


まず、後者に関しては住宅ローンの返済期間が10年以上でないと

控除を受けられないため、繰り上げ返済により期間が10年未満と

なると、今後は控除が受けられなくなります。

ただ、資金的に余裕があるなら、住宅ローン控除を受けられなくなった

としても、繰り上げ返済をすればその分の金利負担がなくなるので、

繰り上げ返済をする価値は十分あると思います。


では、貯金が少しできればバンバン繰り上げ返済をした方がいいかと

いうと、一概にもそうだとは言えません。それは、家計の状況による

からです。


そこで、質問をいただいた方の家計をじっくり見させていただいたら、

現在は預貯金が多少あるものの、お子さんが高校入学から大学

卒業までの数年間は非常に家計が厳しく、預貯金の推移もマイナス

になろうかということが分かりました。

もし、現在ある預貯金を繰り上げ返済に使い期間を短縮しても、

数年後に多額の教育費が必要な期間に住宅ローン返済が不要に

なるまでは期間短くすることができないため、現状では期間短縮型の

繰り上げ返済はお勧めできないことをお話ししました。


このように、繰り上げ返済はすればするほどいいというわけでは

ありませんので、家計の将来までしっかり分析をしてから、繰り上げ

返済をされることをお勧めします。



          ↓↓↓ランキングにご協力をお願いします↓↓↓
                  にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ 
             ↑↑↑ 是非、カチッとクリックを! ↑↑↑






              ひろえFP事務所サイトバナー


[PR]
by office_hiroe | 2009-06-15 20:10 | 豆知識

今日はCFPの試験を受けてきました。受けたのは、『ライフプランニング・

リタイアメントプランニング』で1科目のみです。


この科目は、年金の計算問題や住宅ローンの比較問題など、より実務に

近い内容となっているので、勉強をしていても楽しかったです。


明日からは、来週受けるもう1科目の勉強を中心に過ごそうと思っています。


          ↓↓↓ランキングにご協力をお願いします↓↓↓
                  にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ 
             ↑↑↑ 是非、カチッとクリックを! ↑↑↑






              ひろえFP事務所サイトバナー


[PR]
by office_hiroe | 2009-06-14 23:52 | 資格