当ブログ『起業日記 ~ひろ坊の挑戦~』は33歳で起業を決意した“ひろ坊”こと、FPのひろえが名古屋・大阪を拠点に奮闘する日々をお伝えする日記です。


by office_hiroe
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

「こども園」って何?

■「こども園」って何?

昨日・今日と自宅にこもり、事務仕事に集中しているおかげで、
「早急にやらなければならないこと」がだいぶでき、ホッとしている
名古屋・大阪のファイナンシャルプランナーひろえFP事務所の廣江淳哉です。

*******

仕事の合間に、ちょこっと新聞に目を通していると、
「こども園」の利用の上乗せに関する記事を発見。

そこで、「こども園」って何という人のために、
「こども園」について簡単にご紹介


この「こども園」とは、政府が2013年をメドに、
幼稚園と保育所を一体化させたものに移行しようと
準備・計画を進めている
ものです。


そもそも、幼稚園と保育所は設立の目的が異なっています。
保育所は働く親が子供を預けるのが目的で、
幼稚園は満3歳から就学前の子供への教育が目的です。

で、その2つの施設を一本化しよというその背景は、
保育所の待機児童問題と幼稚園の定員割れという現状からです。


保育所に入りたくても入れない、いわゆる待機児童は
全国で26,000人いるそうです。

もし幼稚園の施設で、時間を延長して保育もしてもらえたら・・・
待機児童問題はかなり改善されますよね。


そんな思いから、政府は幼稚園と保育所を「こもど園」とし、
教育も保育も一貫してできる体制の構築
を目指しているというわけです。


そして、現に「認定こども園」なるものが
全国に532施設(平成22年4月現在)
あります。

働く親もそうでない親にとっても子育てにいい環境が整うのは、
ありがたいことですね。


現在の「認定こども園」についての詳細はこちらの文部科学省・厚生労働省のページからどうぞ。
http://www.youho.go.jp/

          ↓↓↓ランキングにご協力をお願いします↓↓↓
             にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ     にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
             ↑↑↑ 是非、カチッとクリックを! ↑↑↑






ひろえFP事務所サイトバナー
ファイナンシャルプランナーひろえFP事務所



[PR]
# by office_hiroe | 2010-11-03 20:26 | 最近の話題・ニュース
■年金って、もらえる額が毎年増えるの?

昨夜・・・というか今朝6時過ぎまで仕事をし、
学生時代に試験勉強のため徹夜をしてた頃を懐かしく思いつつ、
もう無理が効かない年齢にもなったなぁと感じている、
名古屋・大阪のファイナンシャルプランナー廣江淳哉です。

*******

先日、初回無料相談にいらっしゃった30代のお客様から、
「年金って、もらえる額が毎年増えるんですか?」との質問を受けました。

というのは、この方、ある金融機関で無料のライフプランを作成してもらったけど、
作ってもらったプランが今一つ納得できず、
セカンドオピニオンを聞きにいらしたのでした。


手持ちのプランを拝見すると、
確かに65歳以降の年金額が毎年2~3万円増えています


これは、その会社が設定で年金額の上昇率を1%に設定しているから
起こっている現象です。


では、「将来、年金額は増えないのか?」と聞かれると、
物価が上昇していけば年金額も増えます。

しかし、年金の上昇に関しては、『マクロ経済スライド』という制度が
採用されており、そうは上昇しません。

『マクロ経済スライド』を簡単に説明すると、
賃金や物価の伸びをそのまま年金額に反映させるのではなく、
平均寿命の伸びなども勘案し、年金額の改定を行うというもの。

つまり、物価が上昇しても、高齢化が進めば財源の問題などから、
物価上昇率と同じだけ年金を増やしたりはしませんよ
~ということです。


この方がお持ちの試算のように、毎年1%年金が増えるには、
2%前後の物価上昇が前提になると考えられます。

そして、この方がお持ちのライフプランを拝見すると、
生活費の上昇も同じ1%。


ライフプラン作成時の上昇率の設定は私も頭を悩ますところですが、
年金に上昇率を設定するなら、整合性の観点から生活費の上昇率は
それ以上の数値にしておく必要があると私は考えます。


ご参考までに、ひろえFP事務所で作成させていただくライフプランは、
年金の上昇率は0%、生活費の上昇率は0%で設定しており、
教育費などの一部費用は過去のデータを参考に1%前後の上昇率を設定し、
試算をさせていただいています。



          ↓↓↓ランキングにご協力をお願いします↓↓↓
             にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ     にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
             ↑↑↑ 是非、カチッとクリックを! ↑↑↑






ひろえFP事務所サイトバナー
ファイナンシャルプランナーひろえFP事務所



[PR]
# by office_hiroe | 2010-11-03 13:27 | 定年後生活・年金
■高収入の方、税金が増えるかもです。。。

今日は一日事務仕事に没頭していましたが、
「早急にしなければならないこと」がまだ終わらず、
今夜は夜通しやる決意の名古屋・大阪のファイナンシャルプランナー
ひろえFP事務所のCFP廣江淳哉です。

*******

税制に関する議論が紙面を賑わせていますね。
基本、税負担が増える方向でのお話ですので、楽しくはありませんが・・・。

そんな中で、給与所得の控除見直しも議題に上っているようで、
2,000万円以上(1,000万円とも)の年収がある人に対して、控除を減らし、
税金をもっと負担してもらおうという議論がなされているようです。


自分は自営業ですし、残念ながら年収2,000万円以上もありませんので、該当はしません(笑)
ただ、お客様で該当される方もいらっしゃるので、ご参考までにブログで紹介。
(決定ではなく議論ですので検討段階ですよ!)


そもそも、所得税などを計算する際に、会社員の方がもらう給与は、
給与所得というものに分類されます。この給与所得の計算式は以下です。


収入 - 控除 = 給与所得


この控除は収入額により異なりますが、
1,000万円以上の人は、「収入 × 5% + 170万円」となります。

年収が1,000万円なら、給与所得控除は220万円
年収が2,000万円なら、給与所得控除は270万円
年収が3,000万円なら、給与所得控除は320万円

と控除額も上昇していくので、控除額に上限を設けようということのようです。


年収2,000万円超の会社員の方は0.4%で約19万人だそうで、
大きな税収増にはならないとの考えもあるらしく、
1,000万円以上ぐらいから税負担を増やすことも検討されているようです。


ちなみに、給与所得などの額により、所得税の税率が決まり、
1,800万円超の人は最高税率40%をかけた金額が所得税額です。
税率の一番低い人は5%ということから考えると、
収入が高い人はそれなりにしっかりと税金も払ってくれているので、
給与所得控除を見直すなら、2,000万円以上や1,000万円以上ではなく、
全体をもう一度見直しをすべきかと・・・思ったりもします。


個人にとっては負担ばかりが増えるように感じる税改正検討のニュース。
負担したその後の日本のビジョンを見てみたいと思うのは私だけだろうか・・・。



          ↓↓↓ランキングにご協力をお願いします↓↓↓
             にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ     にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
             ↑↑↑ 是非、カチッとクリックを! ↑↑↑






ひろえFP事務所サイトバナー
ファイナンシャルプランナーひろえFP事務所



[PR]
# by office_hiroe | 2010-11-02 23:00 | 最近の話題・ニュース
■夏のボーナスは良かった!?

昨夜は地鳴りのような雷にビックリたまげるも、ぐっすり眠れた
名古屋・大阪のファイナンシャルプランナーひろえFP事務所の廣江淳哉です。

*******

少し前のことですが、夏のボーナス、いかがでしたか?

厚生労働省が発表した9月の毎月勤労統計調査によると、今年の夏のボーナスは、
1人あたり平均額で前年比1・1%増の36万7178円だったそうで、
4年ぶりに前年を上回ったとのこと。


う~ん、自分は自営業なのでボーナスはありませんし、
お客様と話をしていても減ったという話は聞いても増えたという話はなかなか聞きません。
個人的には、なんかしっくりこない統計値です。


皆さんはいかがでしたか?


一部の大企業だけ景気は戻りつつあるものの、
まだ日本経済全体の景気が上向くほどではないということですかね。
一部ではなく、日本全体で景気が上向いていくと、消費も増え、
さらに経済が好転していきますよね。早くそんな時が来ないかな・・・。


          ↓↓↓ランキングにご協力をお願いします↓↓↓
             にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ     にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
             ↑↑↑ 是非、カチッとクリックを! ↑↑↑






ひろえFP事務所サイトバナー
ファイナンシャルプランナーひろえFP事務所



[PR]
# by office_hiroe | 2010-11-01 22:53 | 最近の話題・ニュース
■どこまで終身保険を組み込めるか!!

金曜日から今日(日曜日)まで関西に滞在し、
お客様とのご面談を中心に仕事をしていた
名古屋・大阪のファイナンシャルプランナーひろえFP事務所の廣江淳哉です。

*******

お客様からライフプラン作成のご依頼をいただくと、多くの場合、
保険の見直し依頼も同時にいただくことが多いです。


保険については、以前お話した必要保障額をしっかりと算出し、
それに合わせた保障のものをご提案させていただいていますが、
ポイントとなるのは「どこまで終身保険を組み込めるか」というものです。


これまた以前お話ししたように、生命保険には掛け捨てタイプの定期保険と
貯蓄性のある終身保険・養老保険の3つのタイプがあります。
少し振り返りますと、定期保険は掛金を安く抑えられる反面、
保険期間を終えれば保障も終わり、満期金もない、いわゆる掛け捨て。

一方、終身保険や養老保険は、掛金は高くなるものの、
保障が一生続いたり、満期金や解約金を有効に使えるというメリットがあります。


そこで、いつもお客様とお話しする際は、掛け捨ての定期保険中心プランと、
終身保険を家計拠出が可能な範囲で組み込んだプランを比較検討していただきます。


今回は例として、30歳男性が60歳まで3,000万円の保障に入るものとします。
掛金に関しては、保険会社により異なりますが、
一例としてA社(2010年10月現在)の掛金で試算。
終身保険は低解約型のもので、60歳まで掛金を払うものとします。


(30歳から60歳までずっと3,000万円って、必要保障額は減少していくのでは
とお感じの方は生命保険の考え方に精通されているか、
私のブログを熱心に読んでいただいている方ですね。今回は一例ですのでご理解を!)


①3,000万円の定期保険に加入

年間掛金 : 121,200円
30年総額 : 3,636,000円


②1,500万円の定期保険と1,500万円の終身保険に加入

年間掛金 : 361,185円
30年総額 : 10,835,550円

60歳時に終身保険を解約した場合の解約金(掛金払込後) : 10,975,501円


③3,000万円の終身保険に加入

年間掛金 : 593,970円
30年総額 : 17,819,100円

60歳時に終身保険を解約した場合の解約金(掛金払込後) : 21,951,001円


いかがでしょうか。


万が一のことが起こると仮定すれば、①が掛金が一番安いのでいいのかもしれません。
しかし、60歳以降まで生きると仮定し、掛金と解約金の収支を計算すると・・・


①は-363.6万円
②は+14万円
③は+413.2万円

となり、圧倒的に③がお得ということになります。

①と③の差額は約780万円。
これだけの資金があれば、定年後の生活も豊かになりますね。


ただし、③に加入するには年間約60万円の掛金が必要となります。
そこまで払えないとしても、いかに終身保険の割合を多く、掛け捨てを少なくするかで、
定年後の資金に大きく影響を及ぼします。

ライフプランを立てることで、保険にいくら家計から拠出できるか知ることができ、
無駄を極力抑えられ、定年後の暮らしを豊かにすることが可能となります。


「なるほど!」と思われた方、保険証券を見てみてください。
定期保険ばかりになっていませんか?

今の負担だけではなく、長い人生で考えて、見直しをした方がお得なのかもしれませんよ!!



          ↓↓↓ランキングにご協力をお願いします↓↓↓
             にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ     にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
             ↑↑↑ 是非、カチッとクリックを! ↑↑↑






ひろえFP事務所サイトバナー
ファイナンシャルプランナーひろえFP事務所



[PR]
# by office_hiroe | 2010-10-31 21:26 | 保険のお話
■ライフプラン改善策は3つ!!

会う人会う人に、「また大きくなったね」と声を掛けられる、
名古屋・大阪のファイナンシャルプランナー、ひろえFP事務所の廣江淳哉です。

*******

昨年の春に事務所を立ち上げ、月平均5~6世帯のご家庭の方から
ライフプランの作成依頼をいただいております。

その中で、「まったく問題ありません!」と申し上げたのは、
今まで2つのご家庭のみ


このように、ほぼ全てのお客様に、現状分析の結果、
ご提案プランを作成することになります。
その際に私が作成するライフプラン改善プランの基本はわずか3つ。


①収入を増やす
②支出を減らす
③資産を運用する


考えれば当たり前のことだと思います。

あとは、お客様のご希望により、①②③の全てで総合的に対策を立てるのか、
あるいは①と②だけか、はたまた②だけかなどで考えていきます。

①は難しく、③は避けたいので、
②を中心にというプランをご希望される方が多いですが・・・。


ともあれ、お客様のご希望に応じて、いかに最適なプランを作成していくかが
FPの腕の見せ所
となります。

お客様のご意向に沿ったきめ細やかなライフプラン作成のご依頼はひろえFP事務所まで!!

          ↓↓↓ランキングにご協力をお願いします↓↓↓
             にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ     にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
             ↑↑↑ 是非、カチッとクリックを! ↑↑↑






ひろえFP事務所サイトバナー
ファイナンシャルプランナーひろえFP事務所



[PR]
# by office_hiroe | 2010-10-30 23:47 | 豆知識
■有効求人倍率0.55倍(2010年9月)

親友の鍼灸師に、鍼&電気鍼、マッサージで2時間ほどじっくりとほぐしてもらい、
頭痛も和らぎ復活した名古屋・大阪のファイナンシャルプランナーの廣江淳哉です。

*******

昨日、厚生労働省から2010年9月の有効求人倍率が発表されていましたね。

0.55倍(前月比+0.01)


有効求人倍率というのは、仕事をしたいという人に対して、
どれだけの仕事があるのかという数字です。
この数値にはパートタイムも含まれています。


0.55倍というと、就業を希望する人が100人いても、
55人しか仕事ができない
ということです。


今後の予測として、現在検討されている税制の配偶者控除の廃止の影響が
少し心配。配偶者控除の廃止が決まれば、税制での優遇を受けられなくなり、
実質、税負担増になる家庭が続出。

そうなると、専業主婦だった人がパートを始めることも予想されます。
そうなると、仕事を求める人が増え、仕事の数が増えなければ、
有効求人倍率はますます低下します。

有効求人倍率が低下するということは採用する側が有利なので、
賃金の低下が起こることも予想されます。


あまり嫌なことばかりは考えたくないですが、
景気が上向かなければ・・・。頑張れ!日本!!


          ↓↓↓ランキングにご協力をお願いします↓↓↓
             にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ     にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
             ↑↑↑ 是非、カチッとクリックを! ↑↑↑






ひろえFP事務所サイトバナー
ファイナンシャルプランナーひろえFP事務所



[PR]
# by office_hiroe | 2010-10-30 21:44 | 最近の話題・ニュース
■生命保険も家電のように・・・

急に寒くなりましたが、先週下ろしたばかりの夏用スーツを着続けるか
迷っている(笑)、名古屋・大阪のファイナンシャルプランナー廣江淳哉です。

*******

来週末のライフプランセミナーの参考データとして、
生命保険文化センターの『平成21年度 生命保険に関する全国実態調査』
という調査結果を見ていたら、ある点に気付きました。


それは、生命保険を1社だけで入っているという世帯が44%もあり、
前回調査(平成18年度)よりも5.4%も増えている点です。


生命保険と一口にいっても様々な保障があるわけです。


生命保険を家電に例えると、テレビも冷蔵庫も洗濯機も掃除機も
全部同じメーカーのものという家庭がどれだけあるのでしょうか。
きっと電機メーカーの社員さんとその家族ぐらいだと思います。


テレビを買う時、電気屋に行って、各メーカのテレビの性能や価格を
見比べるのと同じように、生命保険も保障の内容によって、
どこの保険会社の保険が自分に合ってるのか、
選択するということも重要
だと考えます。


皆さんはどのように思われますか???


当事務所では、保険の相談は無料で承っており、
ご提案をご希望される方には必ず複数の会社で違いを比較検討して、
内容に納得いただくようにしております。


ひろえFP事務所へのご相談はこちらから


          ↓↓↓ランキングにご協力をお願いします↓↓↓
             にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ     にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
             ↑↑↑ 是非、カチッとクリックを! ↑↑↑






ひろえFP事務所サイトバナー
ファイナンシャルプランナーひろえFP事務所



[PR]
# by office_hiroe | 2010-10-28 17:14 | 保険のお話
■ついに来るか!介護保険の負担増!!

お気に入りのドラマ「相棒」を見終え、お仕事再開の前に、
ブログをカキカキ更新している名古屋・大阪のファイナンシャルプランナー廣江淳哉です。

*******

先ほど、Yahooのニュースを見て、「ついに来たか!」と思いました。

それは介護保険の自己負担増のお話。


介護というと、まだ遠い先のお話と気にされたことがない方も多いかもしれませんが、
健康保険と同じように、国の社会保障として介護保険というのがあります。


その中身は・・・ザックリ説明しますね。


40歳以上になると掛金を負担する。そして、自分が介護が必要な状態になった際に、
介護サービスを1割負担で受けられるというものです。

健康保険で病院に行ったら、3割で診てもらえるのと同じようなイメージです。


その介護サービスを受ける際の自己負担1割を高所得者を中心に
負担率を上げようという検討が始まったようです。


お客様と介護の話をする際に、
「現在は1割負担でしたが、健康保険のように今後負担率が上がることも予想されますね・・・」
と話していたことが現実になりそうな気配です。


ますます老後へ向けた資金形成が重要になりますね。


ひろえFP事務所で家計の将来設計(ライフプラン作成)のご依頼をいただくと、
90歳以上までしっかりと考え、分析・ご提案をさせていただいています!


ひろえFP事務所のお問い合わせページはこちらから。

          ↓↓↓ランキングにご協力をお願いします↓↓↓
             にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ     にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
             ↑↑↑ 是非、カチッとクリックを! ↑↑↑






ひろえFP事務所サイトバナー
ファイナンシャルプランナーひろえFP事務所



[PR]
# by office_hiroe | 2010-10-27 23:13 | 最近の話題・ニュース
■生命保険ってどれぐらい入ってるの?

来週末の「FPの日in名古屋」の原稿も書き終わり、ホッと一息の
名古屋・大阪のファイナンシャルプランナー、ひろえFP事務所の廣江淳哉です。

*******

お客さんと話をしていると、
「他の人って、どれぐらい保険にお金をかけてるの?」と聞かれることがあります。


今日は、そんなお話を少し。


生命保険文化センターの平成21年度調べによると、
1世帯が保険にかけてる費用は、年間45.4万円
(個人年金保険を含む)だそうです。

いや~、結構かけてますね。
もし30歳から60歳までの30年間掛ければ、1,362万円
保険の内容によっては、60歳以降もずっと払い続けるという人もいるので、
人生の総額にすると、もっともっと日本人は保険にお金を掛けているということですね。


保険に入っておけば、万一時に本当に助かるので保険を否定するつもりはありません。
ただ、これだけの費用をかけて保険に入っているのだということを
しっかりと認識してもらいたい。そして、自分に合った保険を選んで、納得して入ってほしい。

FPとしては、この数字を見て、そんな思いをいただきました。


当事務所では、家計の将来設計(ライフプラン)は有料ですが、
保険のみのご相談は無料で承っておりますので、
保険のみのご相談をご希望の方もお気軽にどうぞ。



ひろえFP事務所へのお問い合わせはこちらから。

          ↓↓↓ランキングにご協力をお願いします↓↓↓
             にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ     にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
             ↑↑↑ 是非、カチッとクリックを! ↑↑↑






ひろえFP事務所サイトバナー
ファイナンシャルプランナーひろえFP事務所



[PR]
# by office_hiroe | 2010-10-27 22:47 | 保険のお話