当ブログ『起業日記 ~ひろ坊の挑戦~』は33歳で起業を決意した“ひろ坊”こと、FPのひろえが名古屋・大阪を拠点に奮闘する日々をお伝えする日記です。


by office_hiroe

2010年 10月 11日 ( 2 )

“ライフプラン”というと、家計の収支を計算したお金の流れの表、

いわゆるキャッシュフロー表のことを指すことが多いです。


しかし、家計の収支を考え、貯蓄が底をつかないかを心配する前に

これからの人生をどうやって生きていくかを

ご夫婦(ご家族)で考えていただきたい。



例えば、お子様の教育のこと。
公立なの?私立なの?大学も自宅から通うの?

次には住宅のこと。
一生賃貸で行く?家を買うならいつ頃?持ち家ならリフォームは?

そして、趣味や自家用車、旅行のこと。
家族で大きな旅行をする?車の買い換えは?

さらにはご両親のこと。
日ごろの感謝の気持ちを十分に表せてないなら
長寿のお祝いぐらいはしてあげたい。。。

最後に自分たちの定年後のこと
年金をもらうまで働けそう?どの程度の生活水準を見込む?
病気や介護が必要になった時の備えは?



これら将来に対するイメージを行程表のようにしてまずは考えていただきたい。



この行程表はそのご家族の“夢”や“希望”が詰まったもので

我々、ファイナンシャルプランナーは“ライフイベント表”と呼んでいます。



そして、私がお客様から家計の将来に関するご相談をお受けした際に、

最もヒアリングに時間をかけ、一番重要視しているものです



以下に、ライフイベント表のモデルをお付けしておきますので参考にしていただき、

家計の将来を考える第一歩としていただきたいと思います。


ライフイベント表のモデルはこちらから 。



          ↓↓↓ランキングにご協力をお願いします↓↓↓
             にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ     にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
             ↑↑↑ 是非、カチッとクリックを! ↑↑↑






ひろえFP事務所サイトバナー
ファイナンシャルプランナーひろえFP事務所



[PR]
by office_hiroe | 2010-10-11 22:18 | 豆知識

現在、名古屋と大阪にFP事務所を構え、個人の方のライプランと呼ばれる

家計の将来設計書の作成を主な業務としています。



いらっしゃるお客様がおっしゃることは「将来が見えない」ということです。



それはそうですよね。

学校で人生に必要なお金のハナシなんて教えてくれませんでしたから。



よくよく考えれば、1年後、2年後の貯蓄額は想像ができると思います。

しかし、10年後、20年後、30年後の貯蓄予測となるといかがですか?



おそらく、これからの10年20年は教育資金や住宅(住宅ローン)の問題が、

30年後は定年後の生活資金の問題がやってきます。



考えないといけない、しっかり準備をしとかないと大変になるとは

想像していても多くの人は見て見ぬふりをしています。



脅すわけではありませんが、ご相談をいただく9割のお客様に

家計破たんの可能性が秘めています。



家計の将来設計を立ててみると将来の問題点が明確になり、

前もって対策を立てることが可能になります。



将来設計を立てるのに時間はかかりますが、きっと無駄にはなりません。

このブログを読んでいただいたのは何かのご縁。

さあ、次の休みは家族で家計の将来のことを考えよう。



当ブログで家計の将来設計を行う上でのポイントも順次紹介していきます。

お見逃しなく!!

          ↓↓↓ランキングにご協力をお願いします↓↓↓
             にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ     にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ
             ↑↑↑ 是非、カチッとクリックを! ↑↑↑






ひろえFP事務所サイトバナー
ファイナンシャルプランナーひろえFP事務所



[PR]
by office_hiroe | 2010-10-11 21:59 | 豆知識