当ブログ『起業日記 ~ひろ坊の挑戦~』は33歳で起業を決意した“ひろ坊”こと、FPのひろえが名古屋・大阪を拠点に奮闘する日々をお伝えする日記です。


by office_hiroe

2010年 10月 17日 ( 1 )


私は医療・ガン・生命保険と3社に分けて保険に入っています。
それは、1社だけで入るより、いい保障にお得に入れるから

というわけで、先週3社から生命保険料控除の通知が届きました。

皆さんのもとにも保険会社から届きだしたと思いますし、
年末に会社に提出すれば少し税金が安くなる・・・と
認識もしていただいていると思います。


今日は、そんな生命保険料控除について少しです。


そもそも、この話の前に所得税の計算についてご説明。
会社員の方を例に、専門用語を極力排除します(笑)

3つのステップを踏むので、①②③とします。

① 給与 - 経費相当額 = 所得

② 所得 - 各種控除 = 課税対象額

③ 課税対象額 × 税率 = 所得税額



②のところの「各種控除」は14種あり、配偶者控除や扶養控除は
お聞きになったことがあると思います。

そして、生命保険料控除もこの②の控除に該当します。

生命保険料控除の額は年間に支払った保険の掛金の額に
応じて異なりますが、10万円以上払っている方は
5万円が控除額となり、所得から差し引けます。

あくまで、差し引く額ですので、税金が5万円安くなる
というわけではないのでお間違いなく!


たとえば、②の課税対象額が405万円だと、
所得税の税率が20%です。

すると、405万円×20%=810,000円が所得税額。
ここで、生命保険料控除5万円があったとすると、
400万円×20%=800,000円が所得税となります。

つまり、差し引く額(例では5万円)に税率(例では20%)を
掛けた額分の税金(例では10,000円)が安くなるのです



ちなみに、所得税の税率は累進課税と言い、
額が多ければ多いほど税率が高くなります。
その幅は、5%~40%。


たった1万円、されどこの先の年数を考えると数十万円。
ありがたい制度ですね。



          ↓↓↓ランキングにご協力をお願いします↓↓↓
             にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ     にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
             ↑↑↑ 是非、カチッとクリックを! ↑↑↑






ひろえFP事務所サイトバナー
ファイナンシャルプランナーひろえFP事務所



[PR]
by office_hiroe | 2010-10-17 22:29 | 最近の話題・ニュース