当ブログ『起業日記 ~ひろ坊の挑戦~』は33歳で起業を決意した“ひろ坊”こと、FPのひろえが名古屋・大阪を拠点に奮闘する日々をお伝えする日記です。


by office_hiroe
カレンダー

<   2010年 10月 ( 25 )   > この月の画像一覧

必要な保障の額の考え方

愛知県岡崎市の行政相談会で、将来設計相談員として
参加してきた名古屋・大阪のFP廣江淳哉です。

*******

今日は、必要保障額の考え方について。

大切なことは、もし万一のことが起きた際に、残された家族が
何にどれだけの費用が必要かということです。


子育て世代の方で、考えておきたいことは以下の4つ。


①一時性資金
②生活費
③住居費
④教育費


1つずつ、もう少し詳しくお話しますね。


①一時性資金

これは、ズバリ葬儀費用が中心。その額は200~300万円
お墓がないという方は+200万円

あとは、生活立て直し資金として、生活費の3~6カ月分程度
これは家庭により異なりますね。


②生活費

ご主人に万が一のことが起きると想定し、
奥様が85~90歳までの年数分を見込みましょう。

年間の生活費の額は、現在の生活費×70~80%
お子様が独立した後は、現在の生活費×50~60%が目安。


③住居費

これは現在のお住まいにより異なりますし、万一のことが
起きた際のご両親や親戚のサポート状況にもよります。

まず、ここでもご主人に万が一のことがあるという例でお話。

持ち家で住宅ローンがある人も、団体信用生命保険という保険に
住宅ローン借入時に加入していると、万一後は住宅ローン返済不要
家は残ります。

となると、必要なものは固定資産税や火災保険などの維持費と
リフォーム費用
ですね。

もし団体信用生命保険に加入していなければ、
住宅ローン返済額分の保障も考える必要がでてきます。


そして、賃貸の人。万一後も賃貸に住み続けるなら、その費用。
奥様が85~90歳まで分を考えておく必要がありますね。

ただ、私のお客様の多くは、もしご主人に万が一のことがあったら、
子供を連れて実家に帰るという方もいらっしゃいます。
そういう環境にある方は、住居分の保障は不要と考えてもいいでしょう。


さらに、現在ご実家の人。特に住居分は考えなくていいですね。


④教育費
これはしっかりと考えておきたいですね。
その額については先日書いた教育費に関する記事をご覧ください。


上記の①~④以外にも、車の費用や家電の費用、旅行代なども
その他の費用も考えるべきかもしれませんが、考え出すとキリがないので
まずは①~④の合計を考えておくべき資金の額と考えましょう。


ただ、上記の合計を全て生命保険で考える必要はありません。

合計額から遺族年金や預貯金の額を差し引けばいいのです。

会社勤めをされている方は死亡退職金などもありますが、
これは①~④以外のその他費用分として差し引き分から
除外しておいてもいいかもしれませんね。


というわけで、①~④の合計から、遺族年金・預貯金を
差し引いた額が必要保障額
と言われるもので、
生命保険でカバーしておきたい金額です。


しかし、この必要保障額はずっと一定ではありません。

というのも、生活費やお子様の教育費などは
時が経過するごとに必要な額が減少していくからです。

それに合わせて、必要保障額も年々減少していく
考えます。一番、必要保障額が高くなるのは、
お子様が誕生した時と言えると思います。


「必要な保障額が減少していく」という表現に
ピンと来た方は、私のこのブログの愛読者ですね(笑)

時の経過とともに保障額が減少していく保険に
収入保障保険というのがあります。

最近、子育て世代に人気の保険です。詳しくはこちらから。

かなり長文になりましたが、最後までお読みいただき、
ありがとうございました。



          ↓↓↓ランキングにご協力をお願いします↓↓↓
             にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ     にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
             ↑↑↑ 是非、カチッとクリックを! ↑↑↑






ひろえFP事務所サイトバナー
ファイナンシャルプランナーひろえFP事務所



[PR]
by office_hiroe | 2010-10-23 01:08 | 保険のお話

名古屋・大阪に事務所を構え、子育て世代のご家庭を中心に
家計の将来のご相談やアドバイスをしているFP廣江淳哉です。

*******

今回は、子育て世代の方に圧倒的に人気がある
収入保障保険のお話です。

収入保障保険というのは定期保険です。
「定期保険って何?」という方はこちらをご覧ください。


収入保障保険の設定の仕方は、毎月いくら&何歳までです。

つまり、自分に万一のことがあった際に、残された家族に
毎月いくら、いつまで保障を受けるかを考えて入ります。


例えば、30歳の男性が、毎月15万円で60歳までの
収入保障保険に入ったとします。


仮に、この人に加入後すぐに万一のことが起きると
残された家族はこの人が60歳の時まで毎月15万円が
保険金としてもらえるというものです。


その総額は、
15万円/月 × 12月 × 30年 = 5,400万円

一時金ではなく分割でもらうので、生活費の保障になりますね。
まさに天国から仕送りをしているようなイメージです。


また、10年経過後にこの人に万一のことが起きたら、
15万円/月 × 12月 × 20年 = 3,600万円

20年経過後だったら、
15万円/月 × 12月 × 10年 = 1,800万円

上記のように、加入後の経過とともに保険金としてもらえる
総額が減っていく仕組みになっているのもポイントです。


ご参考までに、T社で30歳男性が60歳まで毎月15万円の
収入保障保険に加入すると、掛金は53,040円/年です。


          ↓↓↓ランキングにご協力をお願いします↓↓↓
             にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ     にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
             ↑↑↑ 是非、カチッとクリックを! ↑↑↑






ひろえFP事務所サイトバナー
ファイナンシャルプランナーひろえFP事務所



[PR]
by office_hiroe | 2010-10-21 13:54 | 保険のお話
立て続けに、保険の記事です。

というのも、来月に講師依頼をいただいているセミナーで
保険の話をするので、準備と同時にブログも更新中なのです。

前回のブログで、「定期保険」の話をしましたが、
今日は定期保険の期間についてのお話です。


前回同様、30歳男性が3,000万円の生命保険(T社)に
60歳まで加入
するとします。


30歳で加入する時点で、30年の保険期間を選べば、
毎年の掛金は、124,410円/年。30年総額は3,732,300円


しかし、保険期間を10年にして、40歳と50歳の時に
それぞれ更新するとすれば、


30歳時 : 掛金は69,540円/年。10年総額は695,400円。
40歳時 : 掛金は113,700円/年。10年総額は1,137,000円。
50歳時 : 掛金は224,100円/年。10年総額は2,241,000円。


30年間の総額は4,073,400円

更新型にすると、約34万円総額で高くなります


保険を扱う人なら普通に知っていることです。でも、それを伝えず、
更新型の保険を勧める人が残念ながらいます。


それは、加入時の掛金が安いから


保険って、長い人生を考え、保障がいくら必要で
総額いくら払うのかまで考え、しっかりと選択をしてほしいものです。


一度、保険証券を見てみてください。
10年や15年の更新性になっていませんか?


本当にそれがベストだと思い、選択したのなら構いませんし、
そういう選択をした方がいいこともあると思います。


しかし、そうでないなら、早めに長期的な視点で
保険を選びなおした方がいいですよ。


死亡保障だけでなく、入院の保障なども更新性になっていたら、
要注意
です!

定年後の年金生活で、保険による保障がより必要な時に、
掛金が高すぎて更新できず、やめるなんてことになると意味ないので・・・。


          ↓↓↓ランキングにご協力をお願いします↓↓↓
             にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ     にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
             ↑↑↑ 是非、カチッとクリックを! ↑↑↑






ひろえFP事務所サイトバナー
ファイナンシャルプランナーひろえFP事務所



[PR]
by office_hiroe | 2010-10-20 18:17 | 保険のお話
先日、来春にご結婚予定の20代の方からご相談を受け、
保険のお話をさせていただくと

「えっー!今までのは無駄になるんすか?」

と驚かれました。


というわけで生命保険に関して知っておいていただきたいことを
“生命保険の基本”と題して、いくつか書いていこうと思います。


まず、今日は1回目として、生命保険には掛け捨てタイプと
そうではなく、貯蓄性があるタイプの2種類があることを
知っておいていただきたいと思います。


掛け捨てタイプの保険は、「定期保険」と呼ばれる保険で、
貯蓄性タイプには「終身保険」と「養老保険」があります。


分りやすいように例を用いて説明するため、
30歳男性が3,000万円の生命保険(T社)に加入し、
60歳の30年間掛金を毎年支払う
ものとします。


どの保険でも、30歳の加入後、60歳までの30年間に、
万一のことがあれば、3,000万円が払われるのは同じです。

違いを簡単にまとめると以下になります。


≪定期保険≫
・60歳を迎えると、以後の保障はなく、満期金などもない。
・掛金は124,410円/年。30年総額は3,732,300円。


≪養老保険≫
・60歳を迎えると、以後の保障はないが、満期金が3,000万円。
・掛金は918,780円/年。30年総額は27,563,400円。


≪終身保険≫
・60歳を迎えると、掛金の支払いは不要になるが、
 3,000万円の保障が一生継続。
・掛金は712,400円/年。30年総額は21,374,100円。
・60歳の掛金支払い後に解約すると、
 解約金は22,206,000円。


いかがでしょうか。


定期保険は安い掛金で入ることができる半面、
お元気で保険期間を終えると、何も残りません。

養老保険や終身保険は掛金が高いものの、
掛金を払い終わると払った以上にお金が戻ってきます。


上記のような違いがあるのですが、
どの保険が良くて、どの保険が悪いということではありません。
必要に応じて、最適なものを選ぶことこそが重要なのです。


最初に少しご紹介したお客様は、掛け捨てタイプの定期保険を
中心に約2,000万円の保障のものに、社会人になってから
数年間ずっと掛金を払い続けていらっしゃいました。

このお話をすると、今、万が一のことがあっても
そんなにお金を残さなくてもいいし、どうせ掛けるなら、
ずっと保障が残せ、将来の教育資金などでお金が必要な時に
解約して使える「終身保険」に入っておけば良かった・・・とのこと。

今からでも遅くないので、そうするとのことでしたが、
今までの保険は掛け捨てで何も残らないことを知り、


「えっー!今までのは無駄になるんすか?」

とのご感想になったというわけです。


保険って難しいですよね。高い掛金をどうぜ払うなら、
無駄がなく、自分に合った保険に入っておきたいものですね。



          ↓↓↓ランキングにご協力をお願いします↓↓↓
             にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ     にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
             ↑↑↑ 是非、カチッとクリックを! ↑↑↑






ひろえFP事務所サイトバナー
ファイナンシャルプランナーひろえFP事務所



[PR]
by office_hiroe | 2010-10-20 16:08 | 保険のお話

怖いタイトルですみません・・・。これ、ご相談を受けたご夫婦で、
奥様からよく聞かれることなんです。

「旦那が死んだら、家計はどうなりますか?」
「旦那が死んだらもらえるっていう遺族年金はどれぐらいですか?」


というわけで、今日は遺族年金のお話です。


そもそも年金と言うというのは2階建てと言われています。


1階部分は、日本国民全員が加入する
国民年金(基礎年金)
と呼ばれる年金です。


そして、2階部分は会社員の方がプラスで加入している
厚生年金
と呼ばれる年金です。


以上からもご理解いただけるように、私のような自営業者は
1階部分の年金しかもらえず、会社員は1階と2階の両方の
年金がもらえます。


これは、定年後にもらう老齢年金も、万一時の遺族年金も同じです。


さて、遺族年金に話を戻しますが、ここでは会社員のご主人で
奥様とお子様
が二人という例でご説明します。



ご主人に万一のことがあると、1階の国民年金から、
遺族基礎年金というのが支給されます。


その額は、お子様の加算を含め、1,247,900円/年
遺族基礎年金のお子様の加算は18歳未満のお子様がいる場合に
もらえますので、その点はご留意をください。


そして、2階部分の厚生年金から支給される遺族厚生年金。
これは、今までの年収や勤めていた期間で異なるので、
一概には言えません。


ただ、今は毎年の誕生日前に送られてくる“年金定期便”
ザックリ計算が可能。



ご興味がある方は、年金定期便の中の
「(参考)将来の年金見込額をご自分で試算できます」
というのをご覧ください。


ここの下半分に今までのお勤め分から計算された平均月収の
ようなものが書かれています。


そして、①のところに計算された金額がでていると思いますが、
これは今までのお勤め分から計算された老後の年金額です。
あくまで現時点ですので、これからの分は含まれていません。


もし、現時点で300月以上のお勤めをされていれば、
この①の3/4が遺族厚生年金の額です。


もし、現時点で300月未満であれば、計算式のところの月を
上段・下段の合計で300月になるように変え、計算しなおし、
出た額の3/4が遺族厚生年金の額です。


年金定期便なんて、見たくないという人のために、目安を1つ。


今までの額面年収を月の平均にすると約30万円という方で、
お勤め期間が300月未満の方の場合は、
約37万円/年が遺族厚生年金の額です。


上記のお子様が二人の例の遺族基礎年金と合わせると
年間遺族年金は約160万円
支給されるということです。



ファイナンシャルプランナーにご相談いただければ、
このような遺族年金の仕組みのご説明もしっかりと
させていただきますので、万一時の家計予測も
しっかり行うことができます。


ただ、万一のことは起きないに越したことはありませんので、
家族の健康には気をつけたいものですね。


          ↓↓↓ランキングにご協力をお願いします↓↓↓
             にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ     にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
             ↑↑↑ 是非、カチッとクリックを! ↑↑↑






ひろえFP事務所サイトバナー
ファイナンシャルプランナーひろえFP事務所



[PR]
by office_hiroe | 2010-10-19 23:08 | 豆知識

日本FP協会で「FPの日」というのがあり、
一般の方向けに、FPを身近に感じていただこうと、
無料相談会や講演会が行われます。


今年の名古屋の開催予定は以下の通り。


11月7日(日) 10時30分~17時 ナディアパークにて。


その中で、午後に一般の方向けに講演会が行われます。
テーマは2つ。

「子供とおこずかいの良い関係とは」 
「子育て世代向けのライフプランセミナー」

後半の「子育て世代向けのライフプランセミナー」
私、廣江淳哉が担当させていただきます。


内容は、教育資金に始まり、住宅、定年後資金、生命保険と
盛りだくさんでお届けします!


是非、この機会にご参加いただければと思います。

詳しくはこちらから。
http://www.office-hiroe.com/service/service_6.html

          ↓↓↓ランキングにご協力をお願いします↓↓↓
             にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ     にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
             ↑↑↑ 是非、カチッとクリックを! ↑↑↑






ひろえFP事務所サイトバナー
ファイナンシャルプランナーひろえFP事務所



[PR]
by office_hiroe | 2010-10-18 13:41 | セミナー

私は医療・ガン・生命保険と3社に分けて保険に入っています。
それは、1社だけで入るより、いい保障にお得に入れるから

というわけで、先週3社から生命保険料控除の通知が届きました。

皆さんのもとにも保険会社から届きだしたと思いますし、
年末に会社に提出すれば少し税金が安くなる・・・と
認識もしていただいていると思います。


今日は、そんな生命保険料控除について少しです。


そもそも、この話の前に所得税の計算についてご説明。
会社員の方を例に、専門用語を極力排除します(笑)

3つのステップを踏むので、①②③とします。

① 給与 - 経費相当額 = 所得

② 所得 - 各種控除 = 課税対象額

③ 課税対象額 × 税率 = 所得税額



②のところの「各種控除」は14種あり、配偶者控除や扶養控除は
お聞きになったことがあると思います。

そして、生命保険料控除もこの②の控除に該当します。

生命保険料控除の額は年間に支払った保険の掛金の額に
応じて異なりますが、10万円以上払っている方は
5万円が控除額となり、所得から差し引けます。

あくまで、差し引く額ですので、税金が5万円安くなる
というわけではないのでお間違いなく!


たとえば、②の課税対象額が405万円だと、
所得税の税率が20%です。

すると、405万円×20%=810,000円が所得税額。
ここで、生命保険料控除5万円があったとすると、
400万円×20%=800,000円が所得税となります。

つまり、差し引く額(例では5万円)に税率(例では20%)を
掛けた額分の税金(例では10,000円)が安くなるのです



ちなみに、所得税の税率は累進課税と言い、
額が多ければ多いほど税率が高くなります。
その幅は、5%~40%。


たった1万円、されどこの先の年数を考えると数十万円。
ありがたい制度ですね。



          ↓↓↓ランキングにご協力をお願いします↓↓↓
             にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ     にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
             ↑↑↑ 是非、カチッとクリックを! ↑↑↑






ひろえFP事務所サイトバナー
ファイナンシャルプランナーひろえFP事務所



[PR]
by office_hiroe | 2010-10-17 22:29 | 最近の話題・ニュース
今日は取り上げたい記事が新聞に見当たらなかったので・・・
昨日の日経の記事から1つ。


総務省の2009年の調査によると
30歳未満の単身者世帯の女性の月収が
男性の月収を
調査以来、初めて上回ったそうです。


ちなみに、ここで言う月収とは可処分所得と言われるものです。

可処分所得 = 収入 - ( 社会保険料 + 税金 )


調査結果の数値(可処分所得)は
女性 : 218,156円 (04年比+11.4%)
男性 : 215,515円 (04年比-7.0%)


女性が男性を初めて上回った要因の一つは、
男性が多い製造業が景気悪化などで賃金が下がり、
女性が多い医療・介護の業界の賃金が上昇という
日本の産業構造の変化もあるようです。


          ↓↓↓ランキングにご協力をお願いします↓↓↓
             にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ     にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
             ↑↑↑ 是非、カチッとクリックを! ↑↑↑






ひろえFP事務所サイトバナー
ファイナンシャルプランナーひろえFP事務所



[PR]
by office_hiroe | 2010-10-15 14:03 | 最近の話題・ニュース

今日の日経に、子育て世代からご相談を多くいただいている
私にとっては注視いていることが記事になっていました。


それは、来年4月以降の出産一時金について。


出産一時金というのは、出産した際に健康保険から
支給されるもので、その額は通常38万円


しかし、少子化対策の一環で、昨年10月から来年3月までは
プラス4万円上乗せされて支給されています。


そう、私が注視しているのは来年4月以降のこと・・・。


厚生労働省の調査による出産費用の調査は以下の通り。

今年8月 47万円
昨年1月 42万円


この1年半ほどで5万円ほど上がっているようです。


この現状を踏まえ、
来年4月以上も現状のプラス4万円の水準が維持せきるよう
厚生労働省は財務省と調整するとうのこと。

頑張れ!厚生労働省(笑)


          ↓↓↓ランキングにご協力をお願いします↓↓↓
             にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ     にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
             ↑↑↑ 是非、カチッとクリックを! ↑↑↑






ひろえFP事務所サイトバナー
ファイナンシャルプランナーひろえFP事務所



[PR]
by office_hiroe | 2010-10-14 16:55 | 豆知識

子育て世代のお客様から聞かれることで多いのが、
学資保険はどこがいいかということです。


話を伺うと、

教育資金の準備 = 学資保険 

とお考えの方が圧倒的。


その理由を伺うと、
預貯金の積み立てでは途中で万一のことがあったら
積み立てた分の資金しか溜まっていない。

しかし、学資保険で万一のことがあったら、
その後の積み立てが不要になり、満期金ももらえる



そう、学資保険で教育資金を積み立てるという方の
一番のニーズは保障なのです。


そういう保障にもなり、積み立てもしっかりしたいという方に
お勧めするのは終身保険による積立



利回りも学資保険と遜色ないので私自身も行っています。


ちなみに、私は毎月2万円ちょっとを積み立て、
学資保険の満期金に相当する解約金を約400万円に設定。

そして、その万一時の保障は700万円です。


というわけで、利回り&保障を兼ね備えた積み立てなら、
私は学資保険より終身保険による積み立てをお勧めしています



さらにご参考までに、
この終身保険による積立は、我々夫婦のように
将来お子様がほしいけど、まだ今はいないというご家庭でも
加入ができるので、早いうちから資金準備をすることもできます。


あくまで保険ですから、途中解約時等のリスクは存在します。

ですので、しっかりと説明を聞いてから判断をしていただきたい
ということを付け加えておきますが、
私自身も行っているので、かなりお勧めではあります。



         ↓↓↓ランキングにご協力をお願いします↓↓↓
             にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ     にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
             ↑↑↑ 是非、カチッとクリックを! ↑↑↑






ひろえFP事務所サイトバナー
ファイナンシャルプランナーひろえFP事務所



[PR]
by office_hiroe | 2010-10-14 15:28 | 教育費