当ブログ『起業日記 ~ひろ坊の挑戦~』は33歳で起業を決意した“ひろ坊”こと、FPのひろえが名古屋・大阪を拠点に奮闘する日々をお伝えする日記です。


by office_hiroe
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

タグ:定年後生活 ( 1 ) タグの人気記事

■定年までにいくら必要か?

今夜は白菜鍋に生姜をたんまり入れ、心身共に温まった
名古屋・大阪のファイナンシャルプランナーひろえFP事務所のFP廣江淳哉です。

*******

ライフプラン作成のご依頼をいただいたお客様の多くは子育て世代の方なのですが、
教育費中心の相談かと思いきや、教育費だけではなく、住宅ローン、
さらにはその先の定年後の生活も見据えたご相談をいただくことがほとんどです。


そこで、「定年までにいくら貯めておかないといけないのか?」というお話です。


結論から言うと、ライフプランをしてみましょうとなってしまいます(笑)
それは家庭家庭で年金額も違えば、生活に使うお金の額も違うからです。

そんなことを言っていたら話が進まないので、
ザックっとイメージしていただくために、統計などのデータをもとに考えてみましょう。
ご夫婦二人で考えていきますね。


少し長くなるので、前半としては、定年後の人生を何年分とするかを考えましょう。


まず、定年の年齢について。

社会的な環境を考えると、65歳にするにはまだ早い。
というわけで60歳として考えましょう。

そして、定年後の年数としては60歳時の平均余命より、
男性83歳、女性88歳
とします。

ただ、厚生労働省の「婚姻に関する統計」によると
夫婦の年齢差は2.3歳が平均だそうですので、ご主人が83歳の時、奥様は81歳。

となると、ひとつの目安としては夫婦二人期間は23年、奥様一人期間は7年の
計30年を定年後の期間として考えればいい
のではないかと思います。


定年後の人生も長いですよね。しっかりと計画を立てておきたいですね。
具体的な生活費と年金額、目標貯蓄額は後半に続く!!



          ↓↓↓ランキングにご協力をお願いします↓↓↓
             にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ     にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
             ↑↑↑ 是非、カチッとクリックを! ↑↑↑






ひろえFP事務所サイトバナー
ファイナンシャルプランナーひろえFP事務所



[PR]
by office_hiroe | 2010-11-17 22:14 | 定年後生活・年金